Sebastian’s Voodoo(YouTube)

「Sebastian’s Voodoo」を観ました。

悲しいストーリーでしたね。

しかし、仲間を救うために自分の命を投げ出すのが、人を殺す『呪いの人形』というのが皮肉ですね。

「人を呪わば穴二つ」です。

驚いたのは、バッテンが2つだけの顔で、気持ちがわかるのです。

人形がかわいくも見えてきます。

そこがうまいから、あの人形の最後に感動してしまうのですね。

いい作品でした。

(Visited 38 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存