ブラザーサンタ

「ブラザーサンタ」を観ました。

ブラザーサンタ – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんはサンタ・クロースを信じていますか?

わたしは信じていますよ。

もちろんクリスマスイブには、靴下を置いて寝ます。

そして翌朝、空の靴下を見てむせび泣くのです。

悪い子認定されたのでしょうか・・・。

今回は、サンタ・クロースの兄貴の物語“ブラザーサンタ”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

フレッド・クロースは、腰を痛めた弟のサンタ・クロースのかわりに、プレゼントを配る決心をします。

赤いズボンをはき、赤い上着を着ます。

上からベルトをして、ブーツを履きます。

そして、飛び出します。

エルフのウィリーは叫びます。

「フレッド!!それサンタの服やない。サイボーグ009や!!」

3.感想

サンタ・クロースの兄弟の物語でした。

フレッド・クロースはニコラス・クロースという弟が出来ました。

ニコラスが生まれた時に「僕は世界で一番のお兄ちゃんになるよ」と呟き、キスをします。

すると、赤ちゃんのニコラスは「ホー、ホー」と答えるのです。

ニコラスが大きくなるにつれ、聖人のような振る舞いに振り回されるフレッド。

ただ、ニコラスの行動って、良い行動をしているようで、人の気持ちは無視している感じがあります。

フレッドが誕生日にあげた手作り日記帳を「施設の子供に寄付するんだ」と、他の物と一緒に持っていったり・・・。

何か違和感があるのです。

しかし、両親は良い事をするニコラスをかわいがります。

そして、母親はフレッドに、「少しは弟を見習いなさい」と叱るのです。

わたしは、この母親が一番問題な気がします。

そして、決定的な事件が起こります。

フレッドは青い鳥のピーちゃんをかわいがっていました。

そして、木の上にピーちゃんの鳥かごを作り、何かあれば木に登って過ごしていたのです。

しかし、その木が切り倒されてしまいます。

犯人はニコラスです。

「お兄ちゃん!!この木が好きなら、家に持って帰って植えようよ」

フレッドの足元には壊れた鳥かご。

ピーちゃんはどこかへ行ってしまいました。

この一件で、ニコラスも両親も嫌いになったフレッドは、ひねくれた大人になっていきます。

大人になったフレッドは、事業を始めようとします。

その事業は、証券取引所の前に場外馬券場を作るというものです。

うまくいくのか???そんな事業・・・。

そのための事務所を借りるには、12月22日までに5万ドルを用意しないといけません。

彼は、募金活動をしている人達に便乗して、勝手に募金活動を行います。

そして、警察に捕まるのです。

フレッドは、ニコラスに保釈金を払ってくれるよう電話をします。

そして、5万ドルを貸してくれるよう、ちゃっかり申し込むのです。

ニコラスは、サンタ・クロースになり、北極で活動をしていました。

彼は、保釈金を払うと了承します。

そして、5万ドルは北極まで取りに来てくれと伝えるのです。

そして、家族で一緒に過ごそうと・・・。

フレッドは渋ります。

特に母親には会いたくありません。

しかし、背に腹はかえられません。

OKをして、迎えに来たトナカイのソリで北極へ向かうのです。

このソリがかっこいい!!

欲しくなりました。

サンタ・クロースは24日のプレゼントの配達に向けて、工場を稼働させています。

この工場はエルフが従業員で、子供たちの手紙をみて、プレゼントを作っているのです。

そして、フレッドはこの工場を手伝う事になります。

彼の任された仕事は、「いい子・悪い子審査部門」です。

子供たちのデータを見て、いい子か悪い子かを判定するのです。

当然、悪い子にはプレゼントは送られません。

工場の壁には、悪い子ランキングがあります。

常時、悪い子は変動しているのです。

そして、工場には大きなスノードームがあります。

ここに見たい人の名前を言うと、その人の今の様子を見る事ができるのです。

フレッドは、問題を起こしまくります。

ちょうど、この工場にはクライド・アーチボルド・ノースカットという能率指導員が調査に来ていました。

工場の閉鎖を本部が検討しており、彼の報告によっては永遠に閉鎖されてしまうのです。

そんな中、フレッドが「自分の面倒は自分でみろ」と説得して福祉局に入れた少年スラムが悪い子の1位になります。

スノードームでスラムの様子を見るフレッド。

スラムは、サンタ・クロースを心待ちにする子供たちに、サンタをバカにした事を言い、ケンカをしていたのです。

その姿は、フレッドがスラムにやって見せた言動でした。

彼は、この時に自分の姿を客観視したのです。

そして、悪影響を与えたこともわかりました。

フレッドは、審査部門に戻り、悪い子にもすべていい子の印を押すのです。

この行為によって、工場ではクリスマスイブまでにおもちゃが作り切れない状態になってしまいます。

サンタはフレッドに怒りを露わにします。

彼はずっと寛大でした。

だから怒りを出す事はありませんでした。

しかし、ここで初めて兄弟ゲンカをするのです。

サンタはフレッドに言います。

「今まで気づかなかった。嫌われていたのか」

「嫌ってないよ。“お前がいなければ”と」

2人は本音で話をするのです。

アメリカの自分の家に帰ろうとするフレッドに、サンタの妻は5万ドルを渡します。

そして、「サンタから」といってプレゼントも手渡すのです。

自宅でプレゼントを開けるフレッド。

そこには、「木を切ってごめんね」という手紙と鳥かごが入っていました。

フレッドは、『兄弟との葛藤を乗り越える会』に参加します。

この会がおもしろかった!!

シルヴェスター・スタローンの弟フランク・スタローンやビル・クリントンの弟ロジャー・クリントン、そしてアレック・ボールドウィンの弟スティーブン・ボールドウィンがいます。

そして、偉大な兄を持った苦悩を話すのです。

そりゃあ兄の名前がついてまわり、大変でしょうね。

フレッドはロジャーの言葉に心を動かされます。

「大統領のいい弟は無理だけど、ビルのいい弟にはなれる。荒れた時期もあったけど、僕はこうしようと決めた。愛する兄と家族のために頑張ってみようってね。僕は兄を愛している。だから、必要なときに兄を支える弟になりたい。君だってそんな弟になれるよ」

そして、フレッドは5万ドルを使い、自力で北極に戻ります。

エルフの工場は閉鎖が決まり、すでに動いていませんでした。

フレッドはエルフを集め、説得をします。

残り10時間です。

一番簡単に作れるものは、男の子はバット、女の子はフラフープです。

これで間に合わせようと決めるフレッド。

「大事なのは、何かをもらえるってこと。朝起きてプレゼントが届いていれば、サンタが来てくれたとわかる。1度も欠かさず作っただろ?今年が最後なら、やるだけやろう」

こうして、エルフはバットとフラフープを作るのです。

次は、サンタ・クロースです。

彼は、兄弟ゲンカで腰を痛め、動けなくなっていました。

誰かがサンタの代わりにプレゼントを配らなければなりません。

しかし、ルールがありました。

クロース家の者しかプレゼントを配れないのです。

サンタはフレッドに言います。

「兄さんには無理だ。あまりにも荷が重い。大丈夫、頼まないから」

フレッドは答えます。

「実はずっと“いい子・悪い子の審査”が気になっていた。悪い子なんていない。みんないい子だ。つらいことがあって悪さをしたのかも。必ず何か理由がある。全員がもらうべきだ」

それは、フレッドが自分と向き合い、受け入れた瞬間でした。

そして、フレッドがサンタとなるのです。

あの赤いコスチュームを身に付けたフレッドは、ただの目つきの悪いおっさんのコスプレに見えます。

しかし、かっこいいのです。

すごくかっこいい!!

そして、すべての子供たちにプレゼントを配るのです。

その中にはスラムもいました。

彼は子犬を欲しがっていました。

フレッドは顔を隠し、語りかけます。

「人生は自分で切り開け。不幸を他人のせいにするな。自分を信じるんだ。君には才能がある。信じれば、後は何とかうまくいく」

フレッドは、ずっと人のせいにしていました。

自分のようにひねくれないでほしいのです。

しかし、なぜ子犬の名前がマカロニ???

ノースカットは、子供時代に悪い子1位に選ばれました。

医者になった弟と比べられ、ひねくれていたのでしょう。

彼は小さい頃、メガネをかけていたのでいじめを受けました。

そして、プレゼントにスーパーマンのマントを欲しがったのです。

クラーク・ケントは、メガネを外し、スーパーマンになる事で最強になります。

ノースカットも強い自分が欲しかったのです。

しかし、マントはもらえませんでした。

サンタ・クロースは彼に「悪い子と決めつけることが間違っていた」と謝ります。

そして、マントをあげるのです。

これで、心はほどけていきました。

フレッドは、すべてのプレゼントを配り終えます。

そして、エルフたちはスノードームの周りに集まります。

プレゼントをもらって喜ぶ子供たちを見て微笑むエルフたち。

すごく感動的なシーンでした。

あ、目から心の汗が・・・。

そして、フレッドにサンタが近付きます。

「世界で1番のお兄ちゃんだ。本当にありがとう」

キスを返すフレッド。

「ホー、ホー」

とおどけるサンタ。

ニコラスが生まれた頃に戻ったのですね。

いやー、素敵な映画でした。

(Visited 138 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存