今、いじめを受けている学生たちへ

1.はじめに

よく、ニュースでいじめによる事件や自殺が取り上げられます。

ひどい内容に顔をそむけたくなります。

また、芸能人によるいじめ体験も話題になる事が多くなりました。

多分、これらを観て、みなさんはいろいろな意見をお持ちでしょう。

しかし、いじめが無くなり、自殺者がいなくなるという事に関しては、一致した意見だと思います。

今回は、いじめについて考えてみました。

2.なぜいじめが起こるのか

人は、なぜいじめをするのでしょう。

いじめられる人には、訳が分かりません。

多分、「こいつなら大丈夫」という感じで、いじめる人に弱い奴と認定されたのでしょう。

また、個人的に思うのは、いじめる人は、いじめる事で気持ち良くなっているのではないかと言う事です。

人を虐げることによって起こる快感があって、興奮して気持ち良くなるのです。

残酷な行為をしている人の顔は笑顔です。

ゆがんでいますが。

そして、彼らは、自分の行為がいじめだという事に気が付いていない可能性があります。

客観的に指摘されないと、わからないのです。

だから、いじめによる自殺者が出たとしても、「何で俺が責められるの?」というような感覚になるのではないかと思います。

3.いじめられる人の特徴

いじめられる人には、どのような特徴があるのでしょう。

まず、いじめをする時に、自分より力の強い人は狙いません。

必ず、自分より弱い人を見つけ、ターゲットにするのです。

それは、いじめる人のずるさであり、卑怯なところです。

いじめられる人に特徴があるとすれば、優しいという事でしょうか。

だから、気が弱そうに見えてしまったのかもしれません。

また、「いじめられる人にも原因がある」という人がいます。

はたして、この考え方は正しいのでしょうか?

性格が合わないのならば、距離をおいて必要最低限の付き合いをすればいいです。

嫌いだから、ムカつくからと言って、いじめが起きるのは論外です。

いじめは、何があっても“いじめる方が悪い”のです。

だから、いじめられる方にとっては、事故にあったようなもので、原因はないのだと思います。

4.いじめを解決する方法

いじめは、どうしたら解決できるのでしょう。

わたしが思いつく方法は、次の3つです。

①いじめを客観的に指摘する。

②転校する。

③いじめられている人が強くなる。

です。

ひとつずつ解説します。

まず、『①いじめを客観的に指摘する』です。

これは、先に述べた、いじめる人が自分の行為をいじめだと理解していない場合の方法です。

教師や周りの生徒が指摘をして、「あ、オレのやっていた事はいじめだったんだ」と理解して、いじめを止めるのです。

しかし、これはいじめる人に悪意がなく、ただ空気を読めずエスカレートした場合にのみ有効だと思います。

悪意のあるいじめには通用しないですし、下手したら仕返しをされる恐れがあるかと思います。

実行するのであれば慎重にやらないといけません。

次に『②転校する』です。

これは、とても有効な方法だと思います。

いじめる人と離れるのですから。

この方法におけるハードルは、親と学校の協力がいることです。

いじめられている人には、親に知られたくないという気持ちがあります。

親に素直に相談して転校が出来たなら、そこで解決でしょう。

最後に『③いじめられている人が強くなる』です。

わたしが一番おすすめしたいのはこれです。

先に述べたとおり、いじめる人がターゲットにするのは、自分より弱い人です。

だから、いじめる人より強くなるのです。

あなたの学校には、武道系の部活はありませんか?

空手、柔道、剣道、ボクシング・・・

それらの部活に入ってみませんか?

1人で不安なら友達を誘うのもいいですし、すでにその部活をやっている友達に話を聞いてみるのもいいです。

武道の部活が無ければ、あなたの街にある道場やジムに行ってみるのもいいのではないでしょうか。

とにかく武道を始めてみるのです。

いじめの辛さに耐えるのなら、武道の練習に耐える方が良くないですか?

そして、あなたが本当に強くなった時、いじめる人がすごく小さく見えると思います。

武道を薦めるのには、もう1つ理由があります。

それは、強い友達ができる事です。

彼らは、あなたの身を守るボディーガードになってくれます。

「あいつ、空手部の○○と仲がいいらしいよ」とか「この前、柔道部の△△と歩いているのを見かけたぞ」などと噂はめぐります。

そうすると、いじめる人も手を出しにくくなるのです。

仕返しが怖いから。

あなたの身を守れ、あなた自身も強くなるという一石二鳥の方法です。

武道は怖いし痛いからやりたくないというあなた。

勘違いをしています。

武道は、地味な基礎練習の繰り返しです。

試合やスパーリングは、基礎体力がつき、基本が出来てから行います。

そうしないとケガをしてしまいますので。

だから、入部していきなりボコボコにされるなんて事はありません。

いじめられて辛い、苦しいという毎日を暮しているみなさん。

武道を始めてみませんか?

いじめられていた人が武道を始めるおすすめマンガ・アニメ

はじめの一歩 – 講談社コミックプラス

はじめの一歩 – 日本テレビ

空手小公子 小日向海流 – 講談社コミックプラス

ホーリーランド – ヤングアニマルDensi

(Visited 355 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存