エネミー・ライン

「エネミー・ライン」を観ました。

エネミー・ライン – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは、敵だらけの所に放り込まれたらどうしますか?

わたしは、必殺奥義『ホワイトフラッグ』を繰り出します。

この奥義は誰でもすぐに出来ます。

木の棒に白い布を結んで旗を作り、振り回すだけです。

簡単ですね。

今回は、敵だらけの地から脱出する物語“エネミー・ライン”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

クリスマスに偵察飛行を命じられたクリスとスタックハウスは、空母から飛び立ちます。

飛行経路を順調に飛ぶ2人。

しかし、レーダーが不審な影を捕えます。

「行くぜ!!」

「OK!!」

飛行経路から外れ、レーダーの指す方へ進みます。

そこには、セルビア軍がいました。

対空ミサイルを1発撃ってきます。

逃げる2人の偵察機。

しかし、ミサイルは追跡してきます。

「拙者に任せろ」

クリスは偵察機の上に立ちます。

左手には刀が握られています。

迫ってくるミサイル。

「キィエエエエエエィー!!」

クリスは刀を振り回します。

ぎゃりーん!!がぎーん!!

クリスは鞘に刀を納めます。

「また、つまらぬ物を切ってし」

ドゴーン!!

ミサイルは、2人の乗った偵察機を撃墜するのです。

クリスは後に語ります。

「こんな事もあるさ。ひとつ原因があるならば、オレの刀は斬鉄剣ではなかったという事かな。HAHAHA」

3.感想

いやあ、おもしろかった。

緊張感がずっと続く脱出劇でした。

クリス・バーネット大尉は航空士です。

戦時中なのに、訓練ばかりの毎日に退屈しています。

それに嫌気が差して、退役願いを提出しています。

そんなクリスが、今回の脱出劇を繰り広げます。

多分、今回が初めての実戦なのでしょうね。

かなりハードですが。

セルビア軍のミロスラヴ・ロカー司令官の狙いは、偵察機が写した映像でした。

非武装地帯の森の中に軍がいたら疑われますから。

実際、大量虐殺を行っていました。

しかし、彼らは映像をなかなか見つけられません。

最新のデジタルカメラで撮っていたため、わからなかったのです。

レズリー・レイガート小将はいいですね。

部下を助けたいのですが、ピケ中将から救出作戦の中止を命令され、悩みます。

中止理由は、クリスを助けに武装地帯に軍が行ったら、停戦協定が崩れてしまい、また紛争状態に逆戻りしてしまうからです。

そこで、ピケ中将は、安全地帯へ避難させてそこで彼を拾うよう指示します。

この映画では、ピケ中将が悪者のように描かれていますが、彼の言っていることは一理あるんですよね。

そして、安全地帯へ避難させるという代案をちゃんと出していますし。

一番冷静だったのは彼なのかもしれません。

クリスは、レズリー少将から指示された第3会合点に着きますが、安全地帯へ移動する事になります。

クリスは、車に拾ってもらい、ハックという街にたどり着きます。

しかし、そこはすでにセルビア軍に先回りされていました。

クリスはセルビア軍人と服を取り換え、ハックを脱出します。

クリスは安全地帯にたどり着きます。

しかし、ピケ中将が助けに行かせたブリガンド中佐たちのヘリコプターは、彼を拾わずに戻っていきます。

実は、ハックでクリスが服を取り換えたセルビア軍人の遺体が発見され、クリスは亡くなったと報道されてしまったのです。

この事件が報道に流れたのは、クリスを助けるよう世論を動かしたかったレズリー小将です。

これが裏目に出てしまいました。

クリスは、半分欠けた天使像を見つけます。

それにより、偵察機の落下地点に戻ってきたと知ります。

彼は、セルビア軍が探しているディスクを回収に行きます。

それは、スタックハウスとやった最後の仕事です。

これを完遂しないと、彼の死が無駄になってしまうのです。

ディスクを回収中に、止まったビーコン発信機を見つけます。

それは、無線の電波妨害になっていたので、切ったものでした。

ビーコンを改めて発信させるクリス。

そして、手動でしか発信できないビーコンの発信を受けた基地では、クリスがまだ生きていると確信して、レズリー少将たちが救出に向かうのです。

こうやって考えてみると、レズリー少将のやっている事って裏目に出ているような・・・。

やっぱり一番印象に残ったのは、サシャですね。

セルビア人の追跡者です。

1人だけ紺色の服を着て、表情のない顔で、キャラが立っていました。

かっこよかった。

クリスは退役届けを返してもらいます。

相棒のスタックハウスを亡くし、生きるか死ぬかのような経験をしても、海軍に戻るのか。

生きている実感を得たのか、仕事に対する自覚と責任が芽生えたのか。

どちらにしろ、わたしには無理だ・・・。

(Visited 287 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存