96時間/リベンジ

「96時間/リベンジ」を観ました。

96時間/リベンジ – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは、車の運転は得意ですか?

わたしは苦手です。

バックで駐車をすると、思った以上に斜めになっていたりします。

ドライブは好きなので、それなりに運転はしているのですが・・・。

不思議です。

今回は、イスタンブールの街を無免許で突っ走る物語゛96時間/ リベンジ゛です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

ブライアン・ミルズは、車をピカピカに磨いています。

キムが運転免許の試験に2回落ちているので、練習をする約束をしているのです。

約束の時間は午後2時です。

2時ちょっと前に、家の前に着くブライアン。

2時ぴったりに家のチャイムを鳴らします。

元妻のレノーアが出てきました。

「元気か?」

「ええ、あなたは?」

「実に快調だ!!」

「何か用?」

「土曜の午後2時だぞ。キムの運転練習だ!!」

ブライアンは、エアハンドルを見せます。

「音楽に変更よ」

「へ!?」

ブライアンは、エアハンドルのまま固まります。

「俺は、キムが運転免許を取るために必死なのに・・・」

「大げさね」

「二度失敗しているじゃないか。今回はパスしないと・・・。どこにいる?教えてくれ」

レノーアはため息をつきます。

「私はウソがヘタね・・・。キムは彼氏と一緒なの」

くずれおちるブライアン。

「彼氏がいるのか・・・」

見かねたレノーアは言います。

「お酒でも飲む?」

ブライアンは、重い足取りで家に入ります。

レノーアは、キッチンからワインとグラスを2つ持ってきます。

「なぜ、キムは俺に何も言わないんだ?」

「あなたに彼の身辺調査をしてほしくないからよ」

レノーアはバッサリ切り捨てます。

「キムは大丈夫か・・・」

「もちろん」

ブライアンとレノーアは、ワインで乾杯をします。

一気に飲み干すブライアン。

「そろそろ失礼するよ。ワインをありがとう」

席を立とうとするブライアン。

「ブライアン!!やめて!!」

レノーアは声をかけます。

「パリでキムをたちまち見つけたでしょう。彼の調査をしないと約束して」

「俺は、娘の自由を尊重するよ」

「約束よ!!」

レノーアは念を押します。

家を出ていくブライアン。

そして、すぐに彼の家を見つけ出し、彼とちちくりあうキムを発見するのです。

3.感想

今回は、復讐です。

前作で、ブライアンが椅子に座らせて電気を流し殺害した、犯罪組織のマルコという男がいました。

今作では、彼の父親ムラドが主導して、ブライアンに復讐を企てたのです。

イスタンブールに仕事で来たブライアンは、元妻のレノーアと娘のキムを呼びます。

レノーアは、再婚相手とうまくいっておらず、気分転換に来ました。

そして、事件に巻き込まれます。

ブライアンとレノーアは、バザールでの昼食に向かう途中、拉致されます。

ホテルにいたキムは、ブライアンからの連絡で難を逃れます。

そして、捕まったブライアンは、現在地を割り出すのですが、その方法がすごいのです。

まず、キムに地図と靴ひも、ペンを用意するよう電話で指示します。

そして、靴ひもとペンでコンパスを作らせ、ホテルとバザールを中心に、それぞれ3kmの円を書かせます。

これは、ブライアンが、バザールとホテル、それぞれ3kmの地点にいるだろうと推理したのでしょう。

しかし、2つの円は交じりません。

そこで、キムにベランダから手りゅう弾を投げさせます。

投げた手りゅう弾は、見事、駐車場の車を爆破させます。

ブライアンは、電話から聞こえる爆発音と、実際に聞こえる爆発音の時間差を測ります。

どうも、13秒だったようです。

音は、1秒で約340m進みます。

340m×13秒=4,420m

そして、ホテルから4.5kmの円を書かせます。

そうすると、円同士が2点で交じりあいました。

次に、キムに風向きを確認させます。

東向きの風が吹いています。

そうすると、音は東向きに風に流されます。

ブライアンが、はっきり爆破音が聞こえたという事は、2点のうちの東側だと判断しました。

この自分の位置の割り出し方、すごいですね。

被害は大きいですけど・・・。

そして、キムはさっき割り出した位置に行き、手りゅう弾を爆破。

今度は、貯水槽を破壊します。

そして、親子は合流するのです。

次は、2人でアメリカ大使館へ向かいます。

タクシーを乗っ取り、ブライアンは銃で反撃、キムの運転で街を疾走します。

キムは、運転免許取得のテストで縦列駐車が出来ず、現在、三回目のテストに挑戦中の状態です。

いわば仮免中。

それで、銃で武装されているアメリカ大使館に突っ込みます。

最後は、ブライアンがレノーアを助けに向かいます。

どうやって場所を割り出すかというと、音です。

拉致された時に、顔に袋を被せられて、アジトを経由して移動しました。

その時に、印象に残った音と、曲がるまでの時間を計っていたのです。

それで、見事、見つけ出します。

ブライアンは、どれだけ能力高いんや!!

この物語は、父親の復讐です。

妻と娘を危ない目にあわせた相手への父親の復讐。

息子を殺された父親の復讐。

ブライアンは、復讐の連鎖が続くと考え、ムラドに、このまま故郷で余生を暮らすよう説得します。

しかし、ムラドはその条件をのみませんでした。

復讐心の方が先にたってしまったのです。

ムラドを殺したブライアン。

復讐の連鎖は続くのでしょうか。

この96時間は、前作も今作も約90分です。

無駄をそぎ落とし、突っ走ります。

それが気持ちいいです。

あ~おもしろかった。

(Visited 357 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存