ジャッカル

「ジャッカル」を観ました。

ジャッカル – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは、殺し屋と聞いて何を思い浮かべますか?

わたしは、ドラえもんの秘密道具の【ころばし屋】です。

10円で依頼すると、相手を転ばしてくれるのです。

狙われたら、絶対転ばされます。

キャンセルするには、100円です。

本当にころばし屋がいたら、わたしは何十円にぎりしめて、依頼しに行くのでしょう。

今回は、凄腕殺し屋に狙われちゃった物語“ジャッカル”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

殺し屋ジャッカルが、ヨットレースに紛れてアメリカに入ってくる事を推理して、港にデクラン達がやって来ます。

ヨットがたくさん停泊している中、デクランはジャッカルを捜します。

「お!!」

デクランは、一艘のヨットに目がくぎ付けになります。

そこには、水着のチャンネー2人がいるのです。

フラフラと吸い寄せられるデクラン。

「ワインを飲む?」

チャンネーも、デクランにワインを勧めます。

「これが酒池肉林か・・・」

彼は、刑務所で禁欲生活でした。

今、目の前に夢の世界があります。

ワインを右手に、チャンネーを左手に、これで札束のお風呂に入れば、幸せを呼ぶブレスレットの広告の完成です。

「は!いかんいかん!!」

デクランは、頭を振ります。

「俺にはジャッカルを捕まえるという、大事な使命が・・・」

彼は大きく深呼吸をして、チャンネーから目を引き剥がし、桟橋の向こうを見つめます。

そこには、後ろを向くうすらハゲの男が・・・。

「は!?あの後頭部は・・・」

デクランは目を見張ります。

うすらハゲは、ゆっくりと振り向き、デクランに手を振ります。

「ジャッカル・・・」

デクランは固まります。

ジャッカルは、ゆっくりと懐から銃を抜き出し、デクランに構えます。

「デクラン!!」

その様子を見ていたヴァレンチーナが叫びます。

デクランは、弾かれたように海に飛び込みます。

その水面に、銃を撃ちまくるうすらハゲ・・・もといジャッカル。

うすらハゲに銃を撃つヴァレンチーナ。

うすら・・・ジャッカルは、逃げていくのです。

これが、デクランとジャッカルの再会です。

3.感想

何か圧倒される映画でした。

FBIとロシア内務省が、捜査でロシアのマフィアを怒らせ、ジャッカルという凄腕の殺し屋に要人の殺害を依頼されたので、こちらはIRAのテロリストで対抗してやるぜという映画です。

この、IRAのデクラン・マルクィーンがいい人です。

危険人物ですが、信用できそうな感じです。

元カノのイザベラと再会して、キスをしようとして、しないところがいいですね。

イザベラは、すでに結婚しているし。

ラストのプレストンとの会話もシビレました。

プレストンは、デクランの行動を見て、人柄を信用したのでしょう。

最後まで逃げずに、使命を果たしたしね。

イザベラからもらったロッカーのキーを使って、無事逃亡したのかな?

そして、もう一人の主役。

ジャッカルことブルース・ウィリスです。

まず、何と言っても変装です。

どんなカツラを被っても、ブルース・ウィリスです。

顔の印象が強いからでしょうね。

あと、ブルース・ウィリスがめった撃ちにされる映画は、めずらしいですね。

ヒーロー役が多いからでしょう。

ジャッカルは、デクランに撃たれる時、ヴァレンチーナの事を思い出したのでしょうか?

彼のみぞ知るですね。

(Visited 60 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存