ハプニング

「ハプニング」を観ました。

ハプニング – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは“奇妙な出来事”に遭遇したことはありますか?

わたしは、夢ですかね。

夢の中で「これは夢だ」と分かっていて、ピンチの時に夢から覚める事ができる時期がありました。

変な感じでした。

今回は、突然、奇妙な現象に襲われる人々を描いた“ハプニング”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

ニューヨーク セントラルパーク 午前8時33分。

女性が2人、ベンチで読書をしています。

「どこまで読んでいたんだっけ?」

「ビッグダディが美奈子に土下座をしたところまでよ」

「ああ、そうだった」

その瞬間、絶叫が響きます。

ふり返る片方の女性。

もう1人は、読書に夢中です。

「なに、あれ?」

上半身裸の男がいます。

体には、赤い血のようなものが見えます。

周りの雰囲気も変です。

みんなが立ち止まり、動かないのです。

「ねえ!ちょっと見てよ!!」

読書をしている女性に呼びかけます。

本に目を落としていた女性は、スーッと髪を止めている棒に手をかけます。

そして、その棒を抜くと・・・

マラカスです。

いきなりマラカスを振りながら、踊り出す彼女。

周りの立ち止まっていた人たちも、いつのまにかマラカスを手に踊っています。

呆然とする女性。

すると彼女に近付く人影が。

さっきの上半身裸の男です。

「ジョン!!」

女性は、恋人の登場にびっくりします。

ジョンは、背中を見せます。

そこには、赤い文字で「will you marry me?」

泣き崩れる彼女。

フラッシュモブでのプロポーズは大成功でした。

3.感想

怖い話でした。

急に周りの人達が変な行動をとり、自殺なんかをしたらトラウマですよ・・・。

今回の映画では、次の段階を経て、死に至ります。

第一段階 意味不明の発言

第二段階 体の動きが変になり、方向感覚を失う

第三段階 死に至る

「あれ、何かこいつおかしいぞ」と思ったら、急に自殺をするのです。

ひえ~!!

結局、この症状のはっきりした原因は明かされませんでした。

とりあえず、エリオット・ムーアの導き出した答えは、植物が出す神経毒でした。

大都市→町→村と、人口が多い場所から少ない場所へ順番に発生していることから、大人数から順番に襲っていくと考えます。

彼らは、少人数で動くようにします。

しかし、神経毒の強さは増していき、1人でいたミセス・ジョーンズも、神経毒にかかってしまいます。

この時が神経毒の強さのピークだったのですね。

そして、神経毒は消えていきます。

この間、わずか1日です。

もう訳が分からないですよね。

しかし、この映画のような出来事は、作り話だと言い切れないですよね。

なにせ、日本は世界初の化学兵器によるテロ「サリン事件」が起こっているのですから。

この物語は、エリオット・ムーアを中心に展開します。

化学教師である彼は、生徒に「研究の基本ルール」を教えます。

1.対象の確認

2.実験の設定

3.注意深い観察と測定

4.実験データの解析

このルールで考え、逃げ続けます。

彼には、アルマ・ムーアという妻がいます。

このアルマが、なかなかのくせ者です。

彼女は、エリオットが頼りなく感じ、子供を作ろうとしませんでした。

しかし、緊急事態であれだけの対処をして、みんなを先導していた彼ならば、普段の生活も頼りないということはないような気が・・・。

アルマ、理想が高いのか?

しかし、このアルマですが、良いところもあります。

ジェスを最後まで守ったことです。

ジェスの父のジュリアンは、アルマを嫌っていました。

だから、ジュリアンがジェスを残し、妻を迎えに行くときに、手をつなごうとしたアルマに対して「守りきれないなら触るな」と言い放ちます。

一度は手を引っ込めるアルマですが、ジュリアンを見送るときに手を繋ぎます。

あれは、彼女の決意表明だったのですね。

そして、この出来事を乗り越えたエリオットとアルマに子供ができるのです。

映画のオープニングは、青い空に流れる雲のさわやかな映像でした。

しかし、エンドロールは、暗い空に黒い雲が流れ、不安感に襲われる映像です。

まだこの事件は終わっていなくて、不安な時代に突入したということなのでしょう。

(Visited 110 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存