パワーレンジャー

「パワーレンジャー」を観ました。

パワーレンジャー – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは戦隊ヒーローになりたいと思った事がありますか?

わたしはありますよ。

やはり、超パワーには憧れを持ちますよね。

わたしが超パワーを手に入れたら・・・

グフフフフフ・・・

今回は、超パワーを手に入れた5人のティーンエイジャーの物語“パワーレンジャー”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

新生代の地球。

世界の運命を決める戦いがあった。

そして現代、小さな町エンジェル・グローブに暮らす5人のティーンエイジャーたち。

彼らは運命に導かれるように出会い、驚異的な力を身に付ける。

「俺たちのチームの名前を決めたぞ。ザ・ドリフターズだ!」

やがて彼らはお笑いの世界に立ち向かうことになるのだった。

3.感想

ひさびさに戦隊ヒーロー作品を観ました。

やはり良いね。

童心をくすぐるよ。

まずはオープニング。

「さあ、ひさびさの戦隊ヒーロー作品。どう楽しませてくれるんだ?」

鼻をほじりながら観ていたら、いきなりボロボロにやられているパワーレンジャーの姿が。

ドキッとしました。

ありえないですよ。

子どもの時だったら泣いていますよ。

いきなり攻めています。

そして、現代。

新たなパワーレンジャーのメンバーが登場します。

しかし、みんな落ちこぼれのティーンエイジャー。

様々な問題を抱えています。

まずは、レッドレンジャーのジェイソン・スコット。

アメフトのスター選手だった彼は、事故により足を怪我。

右膝にギブスをはめています。

それにより、アメフトを続けられなくなります。

ジェイソンは自暴自棄になったのか問題を起こしてしまうのです。

ブルーレンジャーのビリー・クランストン。

彼は、自閉症スペクトラムです。

コミュニケーション障がいがあり、そのおとなしい性格からいじめられています。

ブラックレンジャーのザック。

彼は母親と2人暮らし。

母親は病気にかかっており、もし亡くなってしまうとザックは天涯孤独になってしまいます。

その恐怖に怯えているのです。

イエローレンジャーのトリニー。

彼女は「普通の家庭」に悩んでいます。

普通を押し付ける両親のプレッシャーに押し潰されそうになっているのです。

ピンクレンジャーのキンバリー。

彼女は元カレと浮気をした女の子を追い込んでしまいました。

その罪悪感に苛まれているのです。

何か全て現代的な問題ですね。

人は、みな悩むものですが、その中身は少しずつ変化していくものなのかもしれません。

そして、修行です。

なんと、このパワーレンジャー。

変身をするのが1時間30分経ってからやっとなのです。

それまでは、全員の気持ちがまとまらず変身できないのです。

その間、修行をします。

これがまた新鮮に感じました。

それはなぜか?

最近のヒーロー作品には、あまり修行が出てこないからです。

わたしはずっと感じていた事があります。

昔のヒーローは「修行で技や強さを身につけて強くなる」事が多かった。

しかし、最近のヒーローは「もともと秘められた才能を持っており、それを開花させて強くなる」事が多いなと。

これは、才能に対する考え方が変わったせいなのかもしれません。

わたしは、眠った才能を持っている人は一握りだと思うので、修行で技を身につける方が早いと思っています。

この考え方も古くさいのかもしれません。

でも、パワーレンジャーは修行で技を身につけました。

それは、とても好感を持てました。

そして、敵であるリタ・レパルサとの戦いが始まります。

なんと町中でのバトル。

逃げまどう人々をかいくぐって、ドッカンドッカンやります。

これ・・・

被害者続出だよ。

爆発しまくっているし。

それを考えると、律儀に採石場で戦う日本のヒーローは真面目ですよね。

最後に名前が出てきたトミー・オリバー。

彼は、旧パワーレンジャーシリーズの人気キャラクターなのですね。

ちょっとしたボーナス。

心憎い演出でした。

(Visited 3 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存