スター・ウォーズ/最後のジェダイ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観ました。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは世代交代を感じた事がありますか?

世代交代は自分の力が衰えた時に起こります。

わたしは最近、その波にのみ込まれました。

あれは風呂あがりでした。

パンツを履くときに、片足立ちが維持できなかったのです。

「あぁ、わたしの時代は終わった・・・」

愕然としました。

これからの時代は、片足立ちでパンツを履ける新世代に任せようと思いました。

今回は、名シリーズの世代交代が行われた物語“スター・ウォーズ/最後のジェダイ”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

遠い昔・・・

はるかかなたの銀河系で・・・

おじいさんとおばあさんが住んでおりました。

ある日のこと、 おじいさんがいつものように竹林に行くと、光っている竹が一本ありました。

「おや、あの竹はどうしたんだろう。ぴかぴか光っているぞ」

おじいさんは懐からビーム・サーベルを取り出しました。

フォン

そして竹を一刀両断。

バサッ!

竹の中には、なんとスノークが。

彼はヒクヒクしていたそうな。

めでたしめでたし。

3.感想

ああ。

1つの区切りがつきましたね。

完全なる世代交代です。

前作ではハン・ソロがやられてしまいました。

今作ではルーク・スカイウォーカーが・・・。

名キャラクターがいなくなってしまいました。

作中でヨーダがルークに説いた言葉が全てですね。

新しい者に越えられるためにこそあるのです。

これからは、レイとフィン、カイロ・レンを中心に物語が始まるのですね。

しかし、1つ気がかりが。

それは、キャラクターを引き継ぐだけになるのではないかという事です。

ルーク→レイ

ハン・ソロ→フィン

ダース・ベイダー→カイロ・レン

背景は違っていてもキャラクターは似ていますよね。

そうすると、ストーリーもなぞっていくだけになるかもしれません。

こんな事を言いたくありませんが、スター・ウォーズはワンパターンですしね。

ジェダイがデス・スターを作り、帝国軍がそれを破壊するという。

今作は、デス・スターが出ないなあと思っていると、小型版が登場しましたね。

こだわるよなあ。

ハン・ソロ、ルークとスター・ウォーズを支えてきたレジェンド達がいなくなりました。

さらに、レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーさんの逝去。

もう、過去の威光にすがる事は出来なくなりました。

これからは、今までのシリーズと切り離して、新しい物語を作っていかなければなりません。

レジェンドを越えていかなければならない者達のお手並み拝見です。

楽しみだ。

(Visited 1 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存