ジャスティス・リーグ

「ジャスティス・リーグ」を観ました。

ジャスティス・リーグ – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんはチームを作った事がありますか?

わたしは無いです。

団体行動が苦手なので、何かのチームに属した事もありません。

1度、チームに入ってみようかな。

今回は、単独行動ばかりしていたヒーローたちがチームを作る物語“ジャスティス・リーグ”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

ブルース・ウェインは再び人類を信じるようになった。

彼は、ダイアナ・プリンスの手を借り、強敵との戦いに備えて準備を進める。

バットマンとワンダーウーマンとしてお互い協力を約束した彼らは、共に戦ってくれるヒーローたちを集める。

バットマン「ぜひ君に来てほしいんだ」

「え、ボクで本当にいいの?」

こうしてジャスティス・リーグにオバケのQ太郎が加入した。

3.感想

なるほど。

今回は旗揚げ興行ですね。

ヒーローが並んでいるだけで壮観でした。

今回の物語。

復活したステッペンウルフが3つのマザー・ボックスを集めて、地球を征服しようとするのを阻止する。

これだけです。

まあ単純。

どちらかと言うと、「ジャスティス・リーグはこんな奴らですよ」というお披露目の色が強かったですね。

まず、アクアマン。

海の守護神です。

水中で力を発揮します。

しかし、ラストバトルはもっぱら地上。

ちょっと可哀想でした。

水中でどれだけ強いか観たかった!

次にビクター・ストーン。

事故にあった天才です。

父のサイラス博士によって人造人間として復活しました。

彼は陰の功労者ですね。

力自慢の中には切れ者がいないと成り立ちません。

そして、フラッシュことバリー・アレン。

雷に打たれ、超人的なスピードを得た少年です。

また、電気も使えます。

彼は、若者らしい空気の読まなさで存在感を発揮します。

ジャスティス・リーグの未来ですね。

がんばってほしい。

ワンダーウーマンことダイアナ・プリンスです。

強くて美しい。

本当に華があるなぁ。

彼女はバットマンからリーダーに任命されました。

ずっと1人で行動してきた彼女は戸惑います。

しかし、ジャスティス・リーグの母性である彼女なら適任。

これからどんどん新たな1面が出てくるでしょうね。

スーパーマン!

やっぱり復活しました。

しかし、彼はキャラクターとしてはジョーカーです。

強すぎる!!

スーパーマンが戦いに参加したら、もう安心感が漂ってしまうのです。

扱いが難しい。

次回作から彼をどう使うか注目ですね。

最後にバットマンことブルース・ウェイン。

やはり彼に感情移入してしまいますね。

何と言っても超人を引っ張る人間ですから。

彼は強化服を着ているだけなのです。

だから、20年の戦いで体もボロボロ。

それでも戦い続ける姿には感動します。

そして、責任者として悪役も買ってでる姿。

これが中年にはたまらない。

辛さがわかるのです。

バットマン、さらに人気出るよ。

また、バトルの決着のつき方も良かった。

ステッペンウルフがパラデーモンに襲われるのですよね。

パラデーモンは、もともとステッペンウルフに殺された敵兵。

ステッペンウルフが恐怖を覚えた瞬間、復讐に打って出たのです。

恐怖で支配したチームのもろさが出ていました。

そして、ジャスティス・リーグの絆が際立ちました。

ジャスティス・リーグはまだまだ続きます。

本格的なチームになった姿を早く観たい。

バットマンがんばれ!!

(Visited 1 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存