シェフ 三ツ星フードトラック始めました

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を観ました。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんはフードトラックを知っていますか?

なんかおしゃれですよね。

わたしがフードトラックを意識したのは、多分『スパルタンX』です。

ジャッキー・チェンとユン・ピョウがフードトラックで生計を立てていたのです。

ジャッキーがスケボーで注文を取っていくのですよ。

それがかっこ良くて。

「わたしも大人になったらフードトラックで働こう」と思ったものでした。

今回は、フードトラックで息子との絆を取り戻す男の物語“シェフ 三ツ星フードトラック始めました”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

レストランの料理人カール・キャスパーはオーナーのリーバと衝突してしまう。

カール「俺は自分の料理を作りたいんだ!!」

リーバ「なぜだ。それを作る事に何の意味がある?」

カール「新しい味を求めているんだよ!!」

リーバ「新しい味だって?カルビーとコイケヤのポテトチップスを混ぜたって、それはただのポテトチップスだ!!」

こうして、カールはフードトラックで移動販売を始めることになったのである。

3.感想

素敵な映画でした。

いい親子ですね。

あんな旅がしたいよ。

この映画。

何と言っても料理がおいしそう!!

観ているだけで、よだれが・・・。

お腹がへっちゃうよ。

この物語の主役はカール・キャスパー。

才能のあるシェフです。

自分の考えた料理を自由に作りたいのですが、オーナーのリーバは許してくれません。

まあ、これは当然ですよね。

リーバの経営しているフランス料理店ガロワーズは、今のメニューで繁盛しているのです。

新作メニューで冒険をする必要がない。

ガロワーズが立ちいかなくなった時に、負債を抱えるのはリーバですからね。

彼の言っている事は一理あるのです。

カールは、評論家ブロガーのラムジー・ミシェルとトラブルを起こしてしまい、店を辞める事になります。

そして、元妻イネズの提案でフードトラックの屋台をする事になるのです。

この物語は、前半と後半で全然雰囲気が違います。

前半は、転がり落ちていくカールを観ているだけ。

カールもずっと苛立っています。

しかし、フードトラックを手に入れた後半。

カールはすごく楽しそう。

ずっと笑顔で料理を作っているのです。

おいしそうな料理とカール、パーシー、マーティンの楽しそうな雰囲気で、こちらもウキウキしてくるのです。

しかし、カールはイネズがいて良かったですね。

彼女はやり手ですよ。

カールにフードトラックを勧め、息子のパーシーとの時間を作ってあげる。

彼は、これで息子に働く姿を見せる事ができて、仲を修復できたのですから。

すべてはイネズの手のひらの上で転がされていたようなものです。

イネズすごいわ~。

ラストのパーシーの動画。

あれは感動しました。

息子のあんなに嬉しそうな顔を見たら、現実の世界だけでなく、夏休みをもうちょっと過ごさせたくなりますよ。

パーシーにも絶対にプラスになりますしね。

あと、この作品はちょっとした役で大物俳優が出演していて驚きました。

ダスティン・ホフマン

ロバート・ダウニーJr.

スカーレット・ヨハンソン

なんて豪華な面子。

びっくりしたよ。

最後に、モリーの肩。

星のタトゥーが入っていました。

思わず「テリーマンか!」とツッコんでしまいました。

(Visited 5 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存