インターネットで調べる前に、○○てみませんか?

1.はじめに

先日、テレビ番組で、親子に街頭インタビューを行っていました。

夏休みの宿題についてです。

「自由研究ですが、何をやっていいかわかりません。だから、インターネットで調べています」

「わからない事は、子供にインターネットで調べさせています。調べる苦労を知るからいいと思います」

そこで感じた違和感。

゛調べる苦労゛???

2.気になる言葉

わたしには、最近、気になる言葉があります。

「わからない事はググればいい」

わたしも、よくググっていました。

ググるのは楽だし、便利ですよね。

ネットの世界は、何でも答えてくれます。

自分の漠然とした思いを、頭の良い人が言葉にしてくれます。

そして、ネットで拾った考えは、間違っていったとしても、

「いや、ネットに書いていたんだよ」

と責任逃れができるのです。

3.わたしがブログを始めたら

そんなわたしがブログを始めました。

そして、気付いてしまいました。

「わたし・・・頭で考えていない・・・ガッデム・・・」

わたしの今までの意見って、ネットで拾った考えのツギハギだったのです。

「あかん!このままじゃあかん!!」

わたしは焦りました。

そして、ググる事を減らしました。

ググって調べるのは、答えが1つだけのものにしたのです。

漢字や言葉の意味、人の名前などです。

「セックス・・・検索・・・ふむふむ・・・」

はっ!!

「いや、違いますよ。今、検索したのは、セックス・ピストルズについてですよ!!ハハハ!!」

答えが1つではない問題については、ひとまず考えて、自分なりの結論を出す事にしました。

「モテるにはどうしたらいいのだろう・・・はっ、そうか。ライザップに行けばいいのか!!」

それからググって、人の意見を読んでみると、

「ああ、こんな考え方もあるのか」

とか、

「この人は見識が深いな」

などと感じることも多くなりました。

やはり、楽して得た考えって、頭にきちんと入っていないのですね。

答えのない問題の正答は、自分の考えだと思うようになりました。

4.最後に

最初のインタビューに戻ります。

自由研究で何をしたら良いかわからなかった親子です。

結局、ググって見付けた自由研究をやったのでしょうか?

わたしなら、家にある材料をかき集めて、それで何ができるか考えてみるかな。

(Visited 85 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存