イレブン・ミニッツ

「イレブン・ミニッツ」を観ました。

イレブン・ミニッツ – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは何か事故に巻き込まれた事がありますか?

わたしは、さっき巻き込まれました。

洗濯物を干していると、部屋に飛び込んできたのです。

巨大な蛾が。

なかなかのデカさでした。

「ひゃ~!」というわたしの悲鳴に驚き、蛾は外に飛び出していきました。

恐ろしい出来事でした。

今回は、大きな事故に巻き込まれた男女の物語“イレブン・ミニッツ”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

女たらし

やきもち焼き

刑務所から出てきて間もない男

強盗にチャレンジする少年

現代の大都会で事情を抱える男女と1匹の犬。

わずか11分の間にそれぞれの人生が絡み合う。

「ワンワンワン、ワオーン!!(訳:みんな、ぜひ観てくれよな!!)」

3.感想

趣向がすごくおもしろい。

チャレンジしている作品です。

だけど、何かが物足りない・・・。

大事故が起こる経緯と、それに巻き込まれた人々の物語です。

5時から5時11分の間。

だからイレブン・ミニッツなのですね。

この物語の登場人物。

全員、不穏な雰囲気がしています。

自分の結婚式で暴力事件を起こした夫。

その美貌でのし上がろうとしている妻。

離婚問題を抱えている映画プロデューサー。

彼氏の家に火を放った女。

強盗をそそのかされている学生。

前科があり恨みを買っているホットドッグ屋。

覚醒剤中毒でバイク便のその息子。

仕事場のホテルでポルノを見る窓掃除の男。

変な事件に巻き込まれる救急隊員。

絵を描くおじいちゃん。

なんか、すごいメンバーです。

彼らが5時11分の大事故に巻き込まれていくのです。

アイデアはすごく良いのですよ。

でも、物足りない。

多分、登場人物と物語を増やしすぎて、それぞれのストーリーが浅くなってしまったのでしょうね。

誰にも思い入れが持てなかった。

だから、最後の事故を見ても「あ~ぁ・・・」というだけで終わっちゃいました。

3つぐらいに絞って、それぞれをもっと掘り下げたストーリーにしてくれたら、最後の事故での衝撃が大きかったのかもしれません。

あと、1つ謎が。

何人かが目撃をした空に浮かんでいた物体は何だったのでしょう。

夫と妻、映画プロデューサー、学生等が空を見上げていました。

監視カメラにも「黒い点」と言われて拭き取ろうとしていましたよね。

何だろう?

UFO?

謎です。

(Visited 15 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存