プロレスが好きなわたしがプロレス初心者におすすめする3人のレスラー

はじめに

みなさんは、“プロレス”を観たことがありますか?

プロレスって、興味ない人にとっては、敷居が高いですよね。

しかし、“すごい技”というのは、プロレスを知らなくても楽しめると思います。

そこで、プロレスを知らなくても楽しめる、すごい技を繰り出す選手のビデオをオススメしましょう。

1.丸藤正道

プロレスリングNOAHに所属する選手です。

ちなみに正道は“なおみち”と読みます。

わたしがこの選手を初めて意識したのは、全日本プロレス時代の青いパンツで前座をしている時でした。

当時、全日本プロレスのジュニアは、あまり空中技を使う選手がいなかったのです。

その中で、コーナーからボディープレスを決めていたので、印象に残ったのです。

そして、時は流れ、三沢光晴がプロレスリングNOAHを旗揚げします。

すると、丸藤正道の存在感はどんどん増していきます。

今では日本を代表するトップレスラーです。

わたしが彼をおすすめするのは、繰り出す技がすごく独創的だからです。

彼の動きや技、凄さは初めて見た人でも十分伝わると思います。

そして、必ず名勝負になる丸藤正道 VS KENTA です。

この2人の試合は、凄いです。

初めて観ても伝わるものがあると思います。

ぜひ1度ご覧になってみてください。

PRO-WRESTLING NOAH Autumm Navigation ’06 10.29日本武道館大会 – Amazon.co.jp

2.ドラゴン・キッド

1999年、ウルティモ・ドラゴン選手がメキシコで作った団体“闘龍門”が、日本に上陸しました。

わたしは、その選手たちのレベルの高さ、観たことのない技術に驚いたものです。

その中に、龍のマスクを付けたひときわ小さい選手がいました。

彼がドラゴン・キッドでした。

相手の肩に飛び乗り、そのまま回転してホールドしたり、相手の身体の回りをくるくる回って投げ飛ばしたりしていました。

あり得ない動きに心底驚きました。

彼は、もともと別の団体でレフェリーをやっていました。

プロレスラーになりたかったのですが、身長が足りず、なれなかったのです。

しかし、夢をあきらめられず、メキシコに渡り、身長規定のない闘龍門に入り、デビューしたのです。

その後、闘龍門はドラゴンゲートと団体名を変え、彼はトップ選手となっていきます。

彼の技の中で一番驚いたのは、ドラゴン・ラナです。

コーナーから前方宙返りをしながら相手の肩に飛び乗り、そのまま後方回転をして相手を丸め込むのです。

文章で読んで、頭の中で想像できますか?

実際に観たらびっくりしますよ。

DRAGON GATE 2012 1st season – Amazon.co.jp

3.初代タイガー・マスク

わたしがプロレスを観るきっかけになった選手です。

ある日、わたしは友達の家でやったゲームに衝撃を受けます。

それは「スーパーファイヤープロレスリング2」

そこに現れた隠しレスラーの“マスク・ド・パンサー”

彼が、ありえない動きをするのです。

ヘッドロックをしていたと思ったら、くるくる回転して足を極めていたり。

場外に落ちた相手選手に、側転をしながらプランチャをしたり。

「なんだ、こいつは!?」

わたしは、この選手にただただ驚くのです。

このゲームに出てくるレスラーには、すべてモデルがいます。

マスク・ド・パンサーのモデルは“初代タイガー・マスク”

わたしは、無性に彼の映像が観たくなります。

そして、彼のビデオをレンタルして、観た時の衝撃!!

「なんじゃあ!こりゃあ!!」

松田優作ばりに叫んでしまいました。

四角いジャングルを縦横無尽に飛び回る虎がいたのです。

わたしが一番好きな試合は、デビュー戦です。

1981年4月23日 蔵前国技館でデビューします。

相手は、ダイナマイト・キッド。

こちらも名選手です。

現れたタイガー・マスクは、おもちゃみたいな安っぽいマスクをしています。

多分、当時のお客さんも失笑したでしょう。

下手したら、イロモノです。

しかし、試合が始まると、その四次元殺法にだんだん歓声が大きくなっていきます。

そして、見事なジャーマンスープレックスで勝利します。

ちなみに、わたしが独断と偏見で選ぶ、一番ジャーマンスープレックスが美しい選手は初代タイガー・マスクです。

一大ブームを築いた選手です。

今、初代タイガー・マスクの映像を観ても、その凄さは色あせていません。

初代タイガーマスク ~猛虎伝説~ Vol.1 – Amazon.co.jp

最後に

以上3名の選手を紹介しました。

今回は、プロレスを観たことのない人のための入り口として、わたしが独断で選びました。

まだまだ、たくさんの魅力的な選手がいます。

そして、目を見張るようなすごい技があります。

ぜひ、興味を持ったならば、一度ご覧になってみてください。

(Visited 1,149 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存