ウォーキング・デッド 第5話

「ウォーキング・デッド 第5話」を観ました。

ウォーキング・デッド – 公式サイト

1.はじめに

みなさんは“責任”゛を果たしてますか?

わたしは、責任がない行動を取ってしまい、友達を無くしかけた事があります。

あれは暑い夏の日でした。

じゃんけんで負け、友達と自分のアイスを買いに行きました。

帰って来てびっくり!!

パルムを頼まれたのに、パピコを買ってきてしまったのです。

怒る友達。泣くわたし。

責任感に押し潰されました。

遠い記憶です・・・。

今回は、人間として家族として、責任を果たそうとする人達の“ウォーキング・デッド 第5話”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

リックは、トランシーバーで呼びかけます。

「モーガンはん。生きてまっか?こっちは妻も息子も生きてたで。ひと安心や。アトランタには来たらあかんで。死者の町や」

一方、アンドレアは、ウォーカーに襲われ亡くなった妹のエイミーから離れようとしません。

誰とも話さず、手を握ったままです。

しかし、エイミーは、いつウォーカーにジョブチェンジしてしまうかわかりません。

リックが話をしようと近付くと、

「わたしの後ろに立つな」

と、ゴルゴ13のように銃を向けるアンドレア。

リックは

「ごめん。ごめんね。ごめんなさい」

とムーンウォークで逃げます。

他の仲間は、死体の処理をしています。

すると、ジムが腹から出血をしています。

シャツをめくると歯形が!!

「ジム!あなた、そんな趣味があったの!?」

驚きざわめく仲間たち。

・・・すみません。おふざけが過ぎました。ウォーカーの群れに竹槍一本で突っ込みますので、お許しください。

ジムはウォーカーに噛まれていました。

しかし、まだ意識はしっかりしているし、普通のように見えます。

「コーション!コーション!緊急会議だ!!」

議題は、ジムを始末するか、そのまま様子を見るか。

朝まで生テレビでは取り上げられない議題です。

「生きてる者は殺さないんですよ~!!」

田原総一朗役のリックの鶴の一声で決定。

そうこうしているうちに、エイミーは、アンドレアの腕の中でウォーカーにジョブチェンジしてしまいました。

3.感想

今回は、責任がテーマでした。

キャロルは、ウォーカーに襲われ、夫のエドを亡くします。

ウォーカーになる前に、頭を潰さないといけません。

夫からDVを受けていた彼女。

ダリルから道具を受けとり、泣きながら頭を潰します。

どんな気持ちだったのでしょう。

そしてジムです。

彼は、みんなから離れる決断をします。

自分がウォーカーになり、みんなに迷惑をかけたくなかったのでしょう。

最後にアンドレア。

自分を責め続けた彼女は、ある決意を秘めていました。

みんな自分の責任を果たすのです。

採石場からCDC(疫病予防管理センター)へ移動する事になったリックたち。

彼らはどうなるのでしょうか?

(Visited 50 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存