ハウス・オブ・カード 第5章

「ハウス・オブ・カード 第5章」を観ました。

ハウス・オブ・カード 野望の階段 – オフィシャルサイト

1.はじめに

みなさんは“不倫”をどう思いますか?

まあ!はしたないザマス!!そんな事は、PTA会長のわたくしが許さないザマスわよ!!!

はい。PTA会長のご意見ありがとうございました。

さて、今回、フランクはゾーイと不倫関係になります。

しかも、フランクはゾーイに情報を流す事により世間を動かす、ゾーイは世間に報道して名前を売るという、お互いにメリットがある関係です。

しかも、妻のクレアはゾーイは利用できると容認しているという・・・恐ろしや。

今回は妻容認の不倫という男の夢を叶えた・・・ゴホン、失礼。

不倫という不届き千万な行為に及んだフランクの“ハウス・オブ・カード 第5章”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

教育法案の草案について、フランクは組合と内容のすりあわせをしていました。

そこには、大統領の意向で、団体交渉権の改正が盛り込まれていました。

フランクはそれを「ええやんか、ええやんか」と通そうとします。

それに組合長のマーティ・スピネラは、「もう、怒ったぞ!!」とワニワニパニック並に怒りを爆発させ、「ストや、ストや、ストライキやったるで」と戦闘態勢に入ります。

教育関係の組合は大きな組織が2つあります。

フランクはもう一方の組合に電話をかけ、「おどれ、ストなんかやらかしたら、どうなるかわかってんやろな!?」と優しくお願いをします。

スト準備中のマーティに電話が入ります。

「僕チンらは、ストなんかしないよ、てへぺろ」と一方の組織が離脱しました。

焦るマーティ。

そんな時、クレアの会社が資金集めパーティを行うため、準備をしていました。

ところが、会場のホテルが当日ドタキャンをしてきたのです。

フランクが「愛する妻のピンチ!!」と議員パワーを使います。

どうやら、マーティの教員組合が、ホテルの従業員組合と手を組み、会場を使わせなくしたようです。

「お控えなすって!ここでパーティとやらをやるのなら、従業員一同辞めさせていただきます」と言ったかどうかは、また別の話。

怒りのフランク!!

髪は金髪に逆立ち、体は金色に包まれています。

まるでスーパーサイヤ人のようだ・・・。

フランクはクレアと共に、ホテルの庭にパーティの準備を始めます。

ホテルの抗議は議員パワーで封じ込めちゃうぜ!!

そして、ゾーイに連絡します。

「中に入れる記者は君だけだよ・・・」

そんな中、マーティの耳にもパーティの連絡が入ります。

人を集めてホテルに急行!!

手にはフランクを攻撃するプラカード。

そして、ホテルを取り囲み、抗議活動開始です。

「教員の権利を守れー」「子供たちの権利を守れー」「おっぱいサイコー」・・・また奴が来た!!

しかし、フランクは動じません。

料理を手に持ち、抗議している組合員達にふるまうのです。

おいしくいただく組合員。

肉をほおばるおっぱい星人。

やっぱり来てたか。

ニュースには、肉をほおばる組合員達が流れたとさ。

パーティが成功して、資金も集まり、笑顔で帰宅したフランクとクレア。

家の前に人影があります。

それはピーター・ルッソでした。

妖怪ウォッチで呼び出していないのに、なぜ。

実は、フランクに命令された造船所閉鎖の件で、地元住民から抗議を受けて、話に来たのです。

フランクはピーターの話を聞きます。

いきなり、おもむろに浴槽にお湯を溜めます。

そして、「脱ぎなさい」

きゃーっ!これはあれですよ!!禁断の一線を越えようとしてますわよ!!!

素直に湯船に入るピーター。

そして・・・

フランクは、アスピリンとカミソリを渡します。

「おめぇはオレに泣き言を言いに来たのか!!風呂に入って血流は良くした。アスピリンで血は固まらないから、カミソリで手首を切れ!!」

そして、「切るのは横じゃなく縦だぞ」と丁寧に切り方まで教えてくれます。

固まるピーター。

フランクは続けます。

「今度、ペンシルベニア州知事を副大統領にする。だから、空きが出来た。わが党から誰を立てるか会議があった。リストには地元のお前の名前もあったから、推薦しておいた。推したのは私だけだったが」

なんというアメとムチ!!

ピーターの心はフランクのものさ!!

そして「1ヶ月、酒を断て」とフランクは命令するのです。

3.感想

今回は「いかにピンチをチャンスに変えるのか」という話でした。

資金集めパーティは、ピンチから成功へと導きました。

そして、ピーターの事も。

フランクは、ぜひ救ってあげて。

ピーターはかわいそう過ぎます。

次回も楽しみだ。

(Visited 563 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加