ザ・ギフト

「ザ・ギフト」を観ました。

ザ・ギフト – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんはどんなジュースが好きですか?

わたしはジュースをめったに飲みません。

昔からあまり好きではなかったのです。

特に炭酸ジュース。

しかし、1つだけ好きで飲む炭酸ジュースがありました。

それは『ライフガード』

知っているかな?

懐かしいなぁ。

今度、飲んでみようかな。

今回は、緑のジュースをよく飲んでいる女性と2人の男性の物語“ザ・ギフト”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

転居先で幸せな生活を送っている夫婦ロビンマスクとアリサ。

2人の前に、ロビンの弟子だというウォーズマンが現れる。

再会を祝い、ウォーズマンは1本のベアークローをプレゼント。

その後もたびたび二人を訪ねては贈り物をし続ける。

次第にその内容がエスカレートしていき、2人は違和感を抱くようになる。

すると、周囲で不思議な音がするようになる。

「コーホー・・・コーホー・・・」

3.感想

後味わる!!

みんな不幸になっちゃった。

サイモン・キャレムは妻のロビンと一緒に、故郷のカリフォルニアに戻ります。

そして、高校の同級生だったゴードン・モーズリー(ゴード)と再会するのですが・・・。

この物語は、いじめっ子に人生を破壊されたいじめられっ子の復讐譚でした。

このサイモンとゴードの関係を知ると、最初の家具屋でのやり取りが理解できます。

いじめられっ子だったゴードは相手の顔と名前がすぐわかるのですが、サイモンはまるで覚えていないのです。

いじめあるあるですね。

やられた方は一生覚えているのですが、やった方は覚えていない。

しかし、サイモンはいじめとは言えないほどの酷い事をやっていますけどね。

ゴードの人生と家族を破壊していますから。

サイモンは、グレッグと共にゴードが年上の男の子から車の中で性的虐待を受けていたと届け出ます。

しかし、これは全くのウソ。

サイモンとグレッグはゴードを助けたヒーローに。

しかし、ゴードは他の子からゲイだとか言われていじめに遭います。

それによりゴードは退学。

さらには父親から焼き殺されそうになります。

父親は殺人未遂で逮捕。

もう人生めちゃくちゃです。

グレッグはサイモンの事をこう言っています。

「いじめっ子で意地が悪く、ゴードを標的にしてた。彼が弱かったから」

サイモンの人間性がわかりますね。

さらに、サイモンは生徒会長をしていたようです。

一言でいうと、意地の悪い野心家なのですね。

ゴードは、いつからサイモンへの復讐を計画していたのでしょう?

たぶん家具屋での再会は偶然だったと思います。

そこで、綺麗な妻を連れて人生を謳歌しているサイモンを見て、復讐を決意したのでしょう。

そりゃあそうですよね。

自分の人生を破壊したヤツが、綺麗な妻を連れて人生を楽しんでいたら許せないでしょう。

まずは、ワインを贈ります。

この時、なぜかゴードは住所を知っていました。

たぶん地道に調べたのでしょうね。

後日、ロビンだけの日を狙い訪問をします。

そこで、家の間取りと子供を欲しがっている事、サイモンはサルが苦手だと知ります。

さらに、2人がいない日に、魚のエサとコイを贈ります。

もしかしたら、この時に合鍵を作ったのかもしれません。

そして、何度も進入していたのかも。

この後の訪問で、犬のボージャングルがゴードにものすごくなついていましたからね。

ちなみに、この訪問でロビンの持っていたジュースをチェックしたはずです。

ゴードは大勝負に出ます。

サイモンとロビンを自分の豪邸へ招待するのです。

豪邸は、もちろん自分の物ではありません。

高級車をリースしている社長の家です。

社長夫妻が旅行中に侵入して、自分の豪邸に見せかけたのです。

これは、サイモンに効果絶大でした。

サイモンにとっては、ゴードは自分より下の人間です。

しかし、下だと思っていたヤツが実は自分より成功していたら?

嫉妬で怒り狂うでしょう。

サイモンのような性格なら特に。

さらに、ゴードは仕事の電話だと言い、席を外します。

当然、サイモンなら悪態をつくでしょう。

ロビンがひくほど。

ゴードは、そのサイモンの悪態を録音しておくのです。

これで、ゴードはサイモンの本性を引き出す事に成功しました。

それはロビンの知らなかった部分でしょう。

彼女は、ゴードを変だけどいい人だと思っています。

そんな彼を攻撃するサイモンは、嫌なヤツに見えてきますよね。

まだまだゴードはサイモンを煽ります。

池のコイを殺し、ボージャングルを誘拐するのです。

うまいのは、ゴードの仕業だという証拠を全く残していないところです。

この事件はサイモンを怒らせ、ロビンを不安にしていきます。

この頃から、ロビンは人の気配をよく感じるようになります。

ゴードが何度も家に進入していたのでしょうね。

盗撮もして。

ロビンの手帳とか見て、体調を調べたりしていたのでしょう。

あぁ、気持ち悪い。

そして、ゴードは2人に謝罪の手紙を送ります。

最後にこの1文が。

「過去のことは水に流そうと、心から思っていた」

こんな事が書かれていたら気になるわ!!

ロビンも引っかかったようです。

そして、ゴードは計画の実行をします。

ロビンがいつも飲んでいるジュースに睡眠薬を投入。

倒れた彼女を撮影をしながらベッドへ。

しかも、サイモンが嫌いなサルのマスクをかぶって。

そこから先はゴードしか知りません。

本当にレイプしたのかどうか?

真相は子供の成長で知れということなのでしょう。

ケガをしているはずのゴードが、アームホルダーを外しながら、しっかりと歩いていく姿は、いろいろな業を背負う決意がありました。

結局、サイモンはダニー・マクドナルドを陥れた事がバレて、仕事をクビに。

ロビンは、サイモンの本性を知って愛想を尽かし、別れを決意しています。

そして、ロビンの赤ちゃんは・・・。

サイモンは地獄ですね。

ゴードは彼にこう言っています。

「君が過去を忘れても、過去は君を忘れない」

自分のやった行いは、すべて返ってくるのですね。

「情けは人の為ならず」

わたしは、この言葉を忘れずにいよう。

(Visited 8 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存