新年度が始まったから真夏前の訓練に怖い話しようぜ

1 :名無しさん@おーぷん:2017/04/06(木)00:10:09 ID:Zj4(主) ×

文章力に期待

2 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:11:11 ID:ndJ ×

>>1

演習場かな

3 :◆wS6//D./OA :2017/04/06(木)00:12:20 ID:wS6 ×

脇毛に白髪が混じってた

4 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:14:22 ID:Zj4(主) ×

言い出しっぺの俺からいくか

5 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:22:29 ID:IIg ×

山に女友達とドライブに行った時の話。

穴場スポットの夜景を見に行こうという話になり女友達の運転で割と暗めの山道を進んでた、最初はちゃんと舗装された道だったんだけど奥に進むにつれて獣道の様になった。周りに車も全くいないし街灯もない。

俺はケータイ見てたんだけど電波は1本くらいしか入ってなかった、すると友達が急ブレーキを踏んだ、前に3つくらいの人影。

窓をノックしてくる、こんなところに普通歩いてる人がいるか?ってくらいの深い森の中、怖かったから窓を少しだけ開けて「どうしました?」と聞いた。そしたら拙い日本語で「ミチニマヨッテシマッテ、クルマノセテクレマセンカ?」と言った、アジア系の外国人?だった。

道に迷ったってことは登山者だろうが登山の装備も全く何もなく、怪しいと思った俺は、獣道を下ればそのまま道につながるから歩いて行けと言った。外国人3人はゴネにゴネまくるが俺は断固拒否した。

するとドアノブをガチャガチャし始めたのでやばいと思いバックで逃げた、10mくらい追ってきたがそれ以降追ってはこなかった。

そのあと調べてみると、拉致被害の典型例にその手段があり、あのままドアを開けてたら…。と今になって思う。

6 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:23:28 ID:IIg ×

ゴミの様な文章力だ、夏までに鍛えないと

10 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:29:54 ID:Zj4(主) ×

>>5

怖い

12 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:34:57 ID:IIg ×

>>10

最後でゾッとさせる話がやっぱり文面上では怖いかなと思うんだよね、洒落怖のリアルみたいな

16 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:42:30 ID:Zj4(主) ×

>>12

だんだん不安にさせてガツンとくるのも面白いよな

13 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:35:15 ID:ndJ ×

>>10

まず深夜の山道は怖いよ

7 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:25:10 ID:Zj4(主) ×

俺が高校生の頃の話

当時の俺のささやかな趣味の一つに、懐中電灯でトイレに向かうという楽しみがあった。

映画みたいにサッ!と振り向いたりしながらトイレに向かうのはガキっぽいけど中々楽しい。

ある日、いつものように懐中電灯持ってトイレに向かったらなにやら視線を感じる。

じっとにらまれてるような感じの、不気味な視線。

おそるおそる窓を照らしたら、向かいのおばちゃんがガン見してた。

「ビャー!」っと叫んだら、母ちゃん父ちゃんが飛んできて

「なんだなんだ!」と聞いてきた。

すると、向かいのおばちゃんが笑いながら「あっごめんなさいw 最近チラチラ光が見えるもんでなにかなって窓を見たら俺くん楽しそうに懐中電灯振り回してておかしかったのよw」と

俺や母ちゃんや父ちゃんは思わず吹き出して「どうも失礼しました」と言ってあとで叱られた。

懐中電灯遊びは禁止になり、父ちゃんに殴られたんだけど……

9 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:29:32 ID:Zj4(主) ×

翌朝警察がきて、向かいのおばちゃんが自殺したとやって来た。

母ちゃんがゴミを出したあと、トイレに向かって窓を見たら、昨日の格好でおばちゃんが首を吊ってたらしい。

吊った理由はわからないけど、ただ吊った時間は昨日の夕方からだったみたい

よく考えたら夕べのおばちゃん、やたら首が長かったような気がした

一家で幽霊?を見た話はおしまい

11 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:33:30 ID:ndJ ×

>>7

>>9

笑いながら言ったと言うことは幽霊かな

17 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:43:14 ID:Zj4(主) ×

>>11

普通にいつものおばちゃんみたいな感じだったからマジ怖かった

15 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:41:49 ID:Zj4(主) ×

サバゲーフィールドで起きた話

友人が山をもってて、サバゲーフィールドを作ったからやらないかと誘ってきた。

フィールドといっても、テープでしきりを作って、適当に草かりをしたような感じの簡素なもの。

とはいえ楽しくやりあったんだ。

そんなこんなである日、夜サバゲーしようぜと誘ってきたんでウキウキで行った。

夜の山に入って、ライトをつけながら歩いていたら

後ろからヒタヒタ音がする。

友人だな?と思って振り向いて撃ったんだが、反応がない

暫く歩いてまたヒタヒタ……と音がする

伏せて待って、ヒタヒタが止まった瞬間撃った

全く反応がないのでイライラして友人にトランシーバーで「ゾンビするなバカヤロー!」と言ったら

「えっ、俺腹痛くなって今ウンコしてるんだけど」

はっ?と思ったけどよく考えたら腐葉土の土地でヒタヒタするはすがないよな……

そのまま友人の家に逃げ帰った

結局フィールドのそばで何かあった訳でもなく

気味悪くなってフィールドはそれきりやめた

18 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:53:44 ID:Zj4(主) ×

サバゲーフィールドで起きた話

これは聞いた話

ギリースーツっていうスナイパーが着るカビはえたムックみたいな服があるんだけど

これを着ると本当に自然に溶け込むような迷彩効果がある。

アマゾンにも売ってるんだけど、中には自作する人もいる。

で、あるフィールドでボヤ騒ぎがあって1人おっさんが焼け死んだらしい

なんでもタバコの火が引火して亡くなったとかで

フィールドでは禁煙だったから自業自得と思ったけど

実はおっさん発作起こして亡くなったらしい

特に幽霊のような話はないけどなんとも悲しい話

20 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:58:53 ID:IIg ×

>>18

実話なんだな、俺心霊スポットとか回ってるのにそんな体験したことないから羨ましい(?)

22 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)01:02:28 ID:Zj4(主) ×

>>20

あくまで聞いた話

ただ知り合いのおっさんはやけどしたみたいw

待ち伏せしてて眠くなってジュッと

23 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)01:04:42 ID:IIg ×

>>22

そんな危険があるのな

しかしギリースーツの偽装性を考えるとスナイパーは手放せませんなwwwwww

24 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)01:06:27 ID:Zj4(主) ×

>>23

伏せてるとマジで眠くなるからね

たまに気づかれずに終わったりすることもある

ただ禁煙なのに吸う方も吸う方だがな

25 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)01:07:14 ID:ndJ ×

>>20

まぁあれだおっさん

造園会社の職人なんだろ

26 :反撥力 :2017/04/06(木)01:08:08 ID:8CC ×

造園会社の職人だろうと家の前で待ち伏せしてたら怖いわ

19 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)00:56:41 ID:IIg ×

友達と心霊スポットに行った時の話。

近所でもデルと評判の廃ホテルがある。俺は霊一切を全く信じていないので全然ヨユーと言い張り肝試しに行くことになった、俺と友達3人の計4人で行った。

かなり老朽化していて夜は危ないから昼に行くことにした、俺は夜でも全然ヨユーだよwと強がっていたが…。まず4人で中を探検して、その時に目印を置いて2回目俺が1人でそれを取りに行くという計画だった。

場所に着くと明らかに空気が違う、ひんやりというかどんよりというか、なんというか陰気かつ異質な空間だった。内心俺はビビっていたw。でも言い張ってしまった以上後には戻れず、とりあえず4人で中を探検することにした。

出入り口でこんにちは〜と行って見たり壁をパンチした、何も起きるわけもなく2階へ行くことになった。

噂通り老朽化していて階段はボロボロ、2階の天井からはコンクリートのカスのようなものが降ってきていた。なんとか2階へ行き、廊下の端から端まで部屋を一つずつ開けて行くことになった、扉を開けるのはもちろん俺(本当に泣きそうだった)。

しかし1階で何も起きなかったことを心の支えに頑張って開けようと思った。一つ目の部屋を開け、畳の部屋や風呂トイレがあり、昼間だが心霊スポットとしての風格は十分にあった。

二つ目を開けた、なぜかカーテンがあり畳から向こうが見えなくなっている。俺は振り返り友達にそのことを伝えみんなで覗き込んだ、すると目の前に鎌を持った男。

俺たちは泣き叫び、ダッシュで階段を降り、車へ戻った男は追いかけてくる様子はない。すぐさま家に帰り友達の家であれはなんだったのかという話し合いになった、俺たちの結論はあそこで暮らしていたホームレス。確かに急に知らない奴が来たら驚いて出てくるだろう…ということだ。

数日経ち、俺たちは学校の友達に先日の心霊スポットで起きた話を嬉々として武勇伝のように語っていた。そしてその日のバイト帰り心霊スポットに行った友達から電話があった。

「お前今どこにいる?」

「バイト帰りで駅だよ」

「お前家に絶対帰るな、誰かの家に行け」

「は?なんで?」

「見ちゃったんだよ、お前の家の前で鎌持った男が待ち伏せしてるの…」

21 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)01:01:16 ID:Zj4(主) ×

>>19

スタンダードな怖さ

27 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)01:09:28 ID:Zj4(主) ×

他ないか

28 :名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)01:19:06 ID:IIg ×

あっためてたのはもう終わりかな

(Visited 5 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存