ハウス・オブ・カード 第22章

「ハウス・オブ・カード 第22章」を観ました。

ハウス・オブ・カード 野望の階段 – オフィシャルサイト

1.はじめに

みなさんは行き付けの店がありますか?

わたしはないです。

一軒くらい作りたいのですが。

そして、あの言葉を言ってみたい。

それは・・・

「大将、いつもの」

かっこいい!!

憧れの言葉です。

今回は、行き付けの店が無くなってしまった男の物語“ハウス・オブ・カード 第22章”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

「新聞社は口を割らないが、レミー・ダントンの仕業でしょう」

セス・グレイソンがフランク・アンダーウッドと妻のクレアに説明します。

朝刊にクレアの衝撃的な写真が掲載されたのです。

「私に任せて」

クレアはフランクに言います。

「皆で熟慮を」

フランクは、彼女を落ち着かせるように言葉をかけます。

「うまくやるわ」

クレアはまっすぐな目でフランクを見ます。

「分かった」

気圧されたようにフランクは答えます。

そして、新聞の写真に目を落とします。

それは、ヨッシーの着ぐるみを着てカートで疾走する笑顔のクレアの写真でした。

3.感想

あぁ、フレディの店が・・・。

フランク・アンダーウッドの唯一の隠れ家だったのに。

今回は、フランクが策略ではなく情で動きます。

クレア・アンダーウッドとアダム・ギャロウェイの不倫が記事に出ました。

これはレミー・ダントンが流したもの。

そして、その裏にはレイモンド・タスクがいます。

さらに、フランクとタスクの争いは、フレディ・ヘイズにも飛び火します。

フレディのお店はフランクの行きつけ。

いつもお気に入りのリブを食べていました。

タスクと重要な話をしたこともあります。

そこを狙われたのですね。

フレディは、過去を暴かれて記事にされ、息子のダーネルが勾留されてしまいます。

チェーン店の話も流れてしまいました。

フレディは、ダーネルを保釈するために店を売ることとなりました。

フランクは金の援助を申し出ますが、彼は拒否をします。

フランクは、帰りの車で「私は偽善者か?」と自分を責めていました。

しかし、これはフレディの優しさなのです。

ここで援助を受けて繋がりを持っていたら、自分の過去でまた迷惑をかけるかもしれない。

さらに、援助が問題になったら、フランクがバッシングされるかもしれない。

そうしないためには、ここで関係を完全に断つしかなかったのです。

フレディは店を失いました。

しかし、フランクを一切責めませんでした。

それは、長年築いてきた絆があったからでしょう。

そして、アダム・ギャロウェイです。

彼は、クレアと別れた後、ボゴタでイネスという女性と出会います。

今は、彼女と婚約して同居中です。

そこにクレアとの不倫問題が起こります。

アダムはレミー・ダントンに脅迫されてしまうのです。

その脅迫がすごい。

ボゴタで人権活動をしているイネスの父親を、反逆罪で捕らえます。

そして、判事を買収して判決を操作するつもりなのです。

なんてビッグな方法!!

いやはや恐ろしい。

脅されたアダムは、クレアが不利になる写真をレミーに渡してしまいます。

この不倫騒動。

殺し屋の異名を持つセス・グレイソンが見事に解決します。

しかし、モデルを使って撮影をして、捏造だと言い張るとは。

やるな、セス。

フランクとクレアに呼び出されたアダムは、イネスの父親の件を話します。

父親を助けると申し出るフランク。

アダムは怒ります。

「人を駒みたいにもてあそぶな」

アダムは、クレアにまだ気持ちがあるような節があります。

自分が解決できない問題を、好きな人の夫に解決されるのはプライドが許さなかったのかもしれません。

そんなアダムの性格をよく知っているクレア。

2人で話し合うことにします。

クレアを責めるアダム。

しかし、クレアは静かに怒りを受け止めます。

そして、副大統領の妻という権力を発動!!

彼に命令をします。

売名目的だったと会見をしろ。

それを拒むと言うならあなたを葬る。

プライドの高いアダム。

彼に愛想を尽かされて縁を切らせるには、クレアが憎まれるしかなかったのでしょうね。

フランクを責めなかったフレディ。

クレアを責めたアダム。

情で動いたフランク。

冷酷になったクレア。

人間には様々な顔があるのですね。

わたしたちは、フランクとクレアの物語をずっと観てきました。

だから、どうしても2人に肩入れをしてしまいます。

しかし、悪者みたいな扱いのアダムの立場になってみたら、かなりキツイですよね。

タスクとフランクの争いに巻き込まれた被害者ですから。

ちょっと可哀想なキャラでした。

ラストにアダムがカメラで撮影された告白。

これが後に大きな爆弾となりそうです。

あと、レミー・ダントンとレイモンド・タスクの関係も変わってきそうですね。

レミーは、フランクを抹殺する事だけに執着しているタスクに愛想が尽き始めたのでは?

ますます目が離せなくなってきました。

(Visited 64 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存