ガンバの冒険 第12話 祭りだ喧嘩だ大騒動

「ガンバの冒険 第12話 祭りだ喧嘩だ大騒動」を観ました。

ガンバの冒険 – TMS

1.はじめに

みなさんはお祭りが好きですか?

わたしは好きですよ。

みんながなんとなく浮かれているあの雰囲気がいいですね。

わたしは幼い頃、気難しいヤツだったので、斜に構えて見ていました。

いま考えると、あの雰囲気に全力で乗っかった方が楽しかっただろうなと思っています。

現在、何でも斜に構えて見てしまっている人たち。

全力で乗っかった方が楽しいよ!!

今回は、お祭りを全力で楽しんでいるネズミたちの物語“ガンバの冒険 第12話 祭りだ喧嘩だ大騒動”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

とんだ回り道をした一行だったが、なんとかカラス岳のふもとの村に到着。

ガンバたちは、神社のおみこしの中にもぐり込むが、なんと村は祭りの真っ最中だった。

おみこしごとかつぎ出されて大あわて。

上下左右に振り回されるガンバたち。

上、上、下、下、左、右、左、右、B、A

その時、フル装備のグラディウスが宇宙へ向かって飛び立った。

コ、コナミコマンド!?

3.感想

ガンバたちがお祭りに遭遇します。

今回はお祭りが舞台だと言うことで、めずらしくたくさんの人間が絡んできましたね。

ひと昔前のアニメなので、お祭りも懐かしい感じでした。

射的、お面、金魚すくい、手動式のかき氷・・・

あぁ、こんな感じだったなぁ。

懐かしい気持ちになりました。

ガンバたちもお祭りを楽しみます。

しかし、忠太は浮かない顔。

ノロイ島に残っているシオジ姉ちゃんが心配なのです。

シジンはホームシックだと言っていました。

しかし、そんな簡単な気持ちではない気がします。

シオジ姉ちゃんたちは今もノロイに狙われているわけで。

忠太は、島のみんなが苦しい思いをしているのに、自分が楽しい思いをする事に後ろめたさを感じているのでしょう。

忠太は優しいのですよ。

また、シジンが過去を語りましたね。

彼は、貧しい田舎の村を捨て、立派な医者になろうと街に出てきました。

そして、失恋を経験。

今は、死に場所を求めてさまよっているのだそうです。

あのシジンにそんな過去があったなんて。

いつもお酒を飲んでいるのは、現実逃避をしているのかもしれません。

お祭りを楽しまなかった忠太とシジン。

2匹には、解決できていない心の傷があるのですね。

今回、ガンバたちは野良犬と戦います。

イカサマがサイコロを投げて目つぶし。

怯んだところをガンバとヨイショが噛みつく。

必勝パターンが出来上がってきたようです。

さて、これがノロイに通用するのか。

次回が楽しみです。

(Visited 4 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存