ガンバの冒険 第11話 ぺてん師トラゴローを追え!

「ガンバの冒険 第11話 ぺてん師トラゴローを追え!」を観ました。

ガンバの冒険 – TMS

1.はじめに

みなさんはペロペロキャンディーが好きですか?

わたしは、あまり食べた記憶がないのですよ。

キャンディーがあまり好きではないからかな。

しかし、マンガなどでよく見る渦巻きのペロペロキャンディー。

あれは1度食べてみたいですね。

縁日とかで買えるのかな。

今度見つけたら挑戦してみよう。

今回は、ペロペロキャンディーを持ったネズミに散々な目に遭わされる物語“ガンバの冒険 第11話 ぺてん師トラゴローを追え!”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

ガンバのシッポのねんざも治り、イカダはついに陸地に到着。

ここからカラス岳を越えれば、対岸にノロイ島が見えるはずだ。

馬車にもぐり込み、のどかな村をいくガンバたち。

途中、そらジローと名乗る謎の黄色い着ぐるみに出会う。

そらジローにだまされ、馬車は日本テレビに向かっていた。

そこでは、眼鏡の気象予報士と、たくさんの親子が待ち構えていた。

3.感想

ガンバたちは、カラス岳へ向かう途中、トラゴローという旅のネズミに出会います。

このトラゴロー。

どこからどう見ても『男はつらいよ』の車寅次郎。

フーテンの寅さんです。

顔は渥美清さん。

目の上のイボまで一緒。

早口でまくし立てるところも同じです。

トラゴローは、ガンバたちを罠にかけます。

ヤマネコが出る森を抜ける時に、ガンバたちをおとりにして、自分だけ無事に抜けるのです。

ヤマネコに追われるガンバたちは、材木運搬用のケーブルを見つけます。

そして、クレーンに捕まってケーブルを滑り、ヤマネコから逃げるのです。

あ、1つ思い出がよみがえった。

わたしが幼い頃、公園にターザンロープという遊具がありました。

ロープにつかまり、ターザンの様にケーブルを滑っていくのです。

その公園では、ターザンロープに縄が結び付けられており、反対側は出発点に結ばれていました。

つまり、誰かがターザンロープで遊んだら、次の子がその縄を引っ張ってターザンロープを手繰り寄せ、また遊ぶというルールだったのです。

この縄が悲劇を生んでいました。

わたしはある日、ターザンロープで遊ぶ事にしました。

縄でターザンロープを手繰り寄せ、ロープに飛び付きます。

シャー!!と軽快な音を立て、ロープは滑っていきます。

顔にあたる風も気持ちいい。

ターザンロープが終盤に来ました。

「あぁ、もう終わりか・・・」

そう思った瞬間、股間に痛みが。

「むほぅ!!」

わたしは声にならない声をあげ、崩れ落ちます。

そうです。

ロープに飛び付いた時に、縄を股に挟み込んでいたのです。

ターザンロープは端まで来ると、反動で振り子のように振れます。

しかし、手繰り寄せるための縄は出発点に結ばれているため、ターザンロープが振れた瞬間、ピンと張られるのです。

もし、この縄を股に挟み込んでターザンロープで滑ったら、ピンと張った縄に金的を打ち付けられてしまうのです。

わたしが声にならない声をあげ、動けないでいると、背中越しに「むほぅ!!」という声が聞こえてきます。

わたしだけじゃなかった・・・

友達は、みんなターザンロープのトラップに引っかかり、次々と倒れていくのです。

これは、出発点で並んで順番を待っている時にもハラハラします。

「あ、あいつ、挟みやがった!」

そうわかった瞬間、向こうで「むほぅ!!」という声が響きます。

また、自分がターザンロープに飛び付いた時に、股に挟んだ事に気付いたら・・・。

爽快に滑っていく時間が地獄になります。

わたしは、あんなに恐怖を感じる時間はないと思います。

あの公園のターザンロープ。

まだ、あるのかなぁ。

そして、「むほぅ!!」という声が響いているのかなぁ。

さて、ガンバたちを罠にかけたトラゴロー。

彼の目的は、故郷に帰り母に会うことでした。

しかし、故郷には誰もいませんでした。

廃村になっていたのです。

多分、石炭で栄えた街だったのでしょうね。

石炭の時代が終わってしまい、寂れてしまったのでしょう。

故郷を失ってしまい悲しみにくれるトラゴロー。

彼に怒っていたガンバたちは、静かになります。

ガンバたちにも故郷があります。

しかし、自分たちはこれからノロイと戦うのです。

死んでしまうかもしれない。

故郷に帰れるかどうかわからないのです。

みんなはトラゴローの姿を見て、自分の今の状況を考えてしまったのですね。

そんな中、ガンバは元気を出して、気持ちを奮い立たせます。

まだ帰れないと決まったわけじゃない。

トラゴローの母や仲間たちも、どこかで生きているかもしれない。

ガンバは、勝手に悪い想像をして立ち止まってしまう事を嫌ったのです。

ガンバみたいな奴がチームに1人いてくれると助かりますよね。

トラゴローと別れたガンバたちは、カラス岳へ向かいます。

次はどんな事が起こるのでしょう。

楽しみです。

(Visited 9 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存