クロニクル

「クロニクル」を観ました。

クロニクル – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは゛超能力゛が使えたらどうしますか?

わたしは、当然、透明人間になって銭湯へ・・・あ、警察への電話はやめてください。

もとい、透明人間になって、好きな子の部屋に・・・あ、11の次は0ではなく7を押してください。

きれいなお姉さんの声で時刻を教えてくれます。

今回は、超能力を使えるようになっちゃった高校生の話゛クロニクル゛です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

アンドリューは、無職の父と寝たきりの母の3人で暮らす高校生です。

学校でもあまり良い立場ではないようで、よく絡まれています。

そんな彼は、手に入れたカメラで自分の生活の記録を始めます。

ある日、アンドリューは、いとこのマットに誘われて、ダンスパーティに行きます。

エビバデダンナウッ!!(君はMCハマーを知っているかな?)

しかし、スクールカースト低めの彼は、想像通り楽しくなく、庭で時間潰しをすることに。

わかる、わかるよアンドリュー。

庭で黄昏ている彼に寄ってくる影がひとつ。

それは、スクールカーストトップのスティーブです。

なんか自信マンマンだYO!!

「マットと森の奥でHENな穴見つけてYO!カメラ持ってるYouを呼んでこいってSA!Come on!!」

スティーブについていくアンドリュー。

そして、ポッカリ開く穴にたどり着くのです。

「HEY YO!!」と飛び込むスティーブ。

スクールカーストトップには怖いものはないぜ!!と言わんばかりです。

それに続くマット。

スクールカーストが下のアンドリューは、恐る恐るついていきます。

その奥には、青白く光る謎の物体が。

カメラにノイズも入ります。

「ヤバイよヤバイよ」出川哲朗になるアンドリュー。

「大丈夫だぁ」焦らない志村けん・・・もといスティーブ。

しかし、鼻血がタラリ。

みんな穴から出ていきます。

翌日、不思議な事がおきます。

3人ともサイコキネシスが使えるようになったのです。

投げたボールを止めたり、おもちゃを動かしたり。

そして、とうとう禁断の領域に入ります。

みなさん、お待ちかね・・・そう!!゛スカートめくり゛です。

男の子が超能力を手に入れたら必ず通る道!!

あの゛スカートめくり゛です!!

PTAのみなさん、こいつらです。

犯人はここにいます。

さて、彼らのサイコキネシスはどんどん強くなっていきます。

特にアンドリューは、他の二人と比べて力が強いようです。

最後には自分の体を浮かすところまできました。

ドラゴンボールの舞空術ばりに、光る雲を突き抜けFLYAWAY!!です。

そんなある日、アンドリューはスティーブに「HEY!スクールのタレントショーにtogetherで出ないKA?」と誘われます。

渋るアンドリューでしたが、出ることにします。

超能力を使った手品や曲芸をみせ、一気に人気者に。

春が来た!!

スクールカーストをかけ上ったよ!!

その後のパーティーでは、アンドリューに更に夢みたいな出来事が。

初体験のチャンスがやってくるのです。

喜ぶマットとスティーブ。

しかし、アンドリューは失敗して、女の子を怒らせてしまうのです。

アウチ!!

この頃から、アンドリューは精神的に追い詰められていきます。

2人にバカにされている・・・父は自分を責めてくる・・・母を救うにはお金が必要だ・・・。

そして、破滅に向かって進んでいきます。

3.感想

アンドリューには、いとこのマットとスティーブという友達がいました。

しかし、彼は自分が愛されていないと感じていたようです。

家庭環境もあるのでしょう。

父は母の病気でストレスがあったのか、スティーブを責めたり、殴ったりしています。

学校でも居場所がありません。

そんな彼が超能力を使えるようになりました。

しかも、自分より人気者のスティーブやマットよりも強いのです。

追い詰められる心と無敵の力、行き着く先は破壊です。

誰かアンドリューの話をきちんと聞いてあげられる人がいれば。

誰か手を差しのべてあげられたら。

もっと違った結末だったのかもしれません。

みなさんも家族や友達の変化に気付いたら、話を聞いてあげましょうね。

(Visited 41 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存