ウォーリー

「ウォーリー」を観ました

ウォーリー – Yahoo!映画

1.ウォーリーについて

人間は、地球を捨てました。

ゴミが増えすぎ、荒廃したためです。

BNL社の片付けロボットに地球の清掃を任せて、人間は、アクシオム艦で宇宙クルーズに出ました。

当初は、5年の予定でしたが、すでに700年経っています。

ウォーリーは地球に唯一残った片付けロボットです。

倉庫を家替わりにして、生活をしています。

動かなくなった部品は、他のロボットからもらい、つけかえています。

彼の仕事は、地球の清掃です。

仕事が終わると、家に帰り、足のキャタピラを脱ぎ、ビデオをつけます。

画面の中では、恋人が手を取り合っています。

それを観て、休みます。

翌朝、キャタピラを取り付け、カバンを背負い、ため息をついて仕事に向かいます。

・・・疲れたサラリーマンかよ。

地球には、ウォーリー達が片付けたゴミのタワーがたくさん建っています。

ウォーリーは、どんどん動かなくなる仲間を見ながら、ゴミのタワーを築いていく・・・どんな気持ちだったのでしょうね。

そんなある日、イヴが地球にやってきます。

イヴに一目ぼれするウォーリー。

想像してみてください。

ずっと一人ぼっちだった自分の目の前にタイプの異性が現れたら・・・そりゃウォーリーみたいに追いかけたくなりますよ。

イヴは植物探査ロボットです。

ウォーリーが見つけてプレゼントしてくれた、植物を見た瞬間、植物保存状態になり動かなくなります。

ウォーリーは、動かなくなった彼女を電池切れだと思い、太陽の当たる屋上に連れて行きます。

自分と同じ太陽光発電だと思ったのでしょうね。

そして、イヴは回収され、アクシオム艦に運ばれます。

追いかけるウォーリー。

ゴミの山の地球で生まれ育った彼には、宇宙はどのように映ったのでしょう。

イヴの傍にいるために奮闘するウォーリー、そんな時、彼は宇宙に投げ出されます。

消火器の噴射で脱出しますが、追いかけてきたイヴを見て喜びます。

そして、2人で宇宙を舞台にダンスをするのです。

アクシオム艦の人間が出来なくなったダンスを。とてもいいシーンです。

そして、彼は事件の黒幕であるオートコンピューターに、基盤を壊されてしまいます。

それでも、ボロボロになりながら、イヴといるためにがんばります。

彼の望みは、手をつなぐ事。

ずっと、彼女の手を眺めていました。

地球に帰り、イヴに体を直してもらい、基盤を新たに取り換えます。

しかし、彼は記憶を無くしたように、元の片付けロボットに戻っています。

イヴも納得できません。

彼に手を差し出し、握ります。

しかも貝殻握り!!

彼の願いが叶った時、今までのウォーリーが返ってきます。

これは、不器用な男の恋愛物語でした。

2.アクシオム艦について

アクシオム艦の中は至れり尽くせりです。

だから、みんな肥満体です。

彼らは、ホバーチェアに座ったまま移動しています。

そこから落ちたら、起き上がる事もできません。

そして、目の前にはスクリーンがあります。

そこに相手の顔が映り、話ができます。

隣同士でもその状態です。

ウォーリーが出会ったメアリーという女性がいます。

彼女は、スクリーンを消されるのですが、その時に初めて艦内にプールがある事を知ります。

スクリーンの世界に没頭しすぎです。

そして、艦長室には歴代艦長の写真が飾ってありますが、どんどん太っているのです。

いかに、だらけていったのか分かります。

今回、マックレア艦長は地球に帰る決意をします。

植物を見て、地球に思いを馳せ、人間は大変な事をしてしまったと気付いたのです。

ただのダメ艦長かと思っていたら・・・かっこいいよ艦長。

この艦長の一歩は大きな一歩ですね。

3.触れ合うということ

ウォーリーが求めたのは、触れ合いでした。

彼は、イヴと出会い、手を握りたかった。

そして、心も触れ合いたかった。

反対に、アクシオム艦の人間は、触れ合いを忘れてしまっています。

しかし、少しずつ変化が起こります。

ジョンとメアリーという2人が出てきます。

彼らは、偶然に手を重ね、そこから恋が芽生えます。

そして、最後には、協力して赤ちゃん達を助けてみせます。

また、主従関係だった人間とロボットは、協力してウォーリーとイヴを助けます。

エンドロールでは、地球を人間とロボットが協力して開拓していく姿が描かれています。

肌の触れ合いと心の触れ合い・・・触れ合うって大事ですよね。

ウォーリーを観ていて“101回目のプロポーズ”を思い出しました。

(Visited 136 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存