ウォーリアー

「ウォーリアー」を観ました。

ウォーリアー – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは格闘技が好きですか?

わたしは好きなんですよ。

鍛えあげた人のすごいテクニックを見るのが楽しいのです。

かっこいいですよね。

あこがれます。

それに比べてわたしは・・・。

このタプタプのお腹が憎い!!

今回は、格闘技を通じて家族の絆を取り戻していく男の物語“ウォーリアー”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

パディ・コンロンが車を運転して帰宅してくる。

車を停めて、玄関を見てふと気付いた。

玄関の前に男が座っているのだ。

「トミー?お前なのか?」

パディは戸惑う。

14年ぶりに息子が帰ってきたのだ。

「何してる?」

「寄っただけだ」

トミーは素っ気ない。

しかし、微かに微笑んでいる。

「中で話そう。さあ、入れ」

パディはトミーを家の中に招き入れる。

椅子に座ったトミーはさっそく書類を取り出す。

「親父。いい話があるんだ。このパンフレットを見てくれ」

「トミーこれは・・・」

トミーはかまわずしゃべり続ける。

「このブレスレットをつけると運が良くなるんだ。これをつけた翌日に彼女が出来たってヤツもいるんだ」

「おまえ・・・」

パディは呆然としている。

「今なら200万のところを150万で買えるよ」

トミーの目はキラキラしている。

パディは険しい顔になる。

そして、こう言い放った。

「120万にならないか?」

「親父!!」

妻に逃げられて14年、パディは未だに男なのだった。

3.感想

すごかったですね。

まさか、総合格闘技の映画でここまでの名作が作れるなんて。

いや、スポーツ映画というよりも家族ドラマでしょうか。

これはコンロン一家の物語です。

父親のパディ・コンロン。

兄のブレンダン・コンロン

弟のトミー・コンロン(トミー・リオーダン)

今回はトミー・コンロンを中心に語っていきます。

トミーはレスリングの才能がありました。

パディの海兵隊方式の特訓により、メキメキと力を付けていきます。

学生時代には6年連続金メダルを獲得。

立派な成績を残します。

一方、兄のブレンダン。

多分、彼も一緒にレスリングをやっていたのではないかと思います。

しかし、その才能が無かったのでしょうね。

パディは、だんだんと才能がある弟ばかりをかわいがるようになっていったのでしょう。

さらに、彼には悪い癖がありました。

酒乱だったのです。

それに耐えかねた母親とトミーは、家出をします。

しかし、ブレンダンは二人についていきませんでした。

後に妻となるテスと付き合っていたのです。

そして、トミーがいなくなれば、パディは自分に目を向けてくれるという考えもあったのでしょう。

ブレンダンは、その後UFCの選手になりますが、芽は出なかったようです。

パディの元から逃げたトミーでしたが、その後、母親は病死してしまいます。

その後、彼は軍隊に入隊。

そこでマニーと出会います。

2人は兄弟と呼び合うようになります。

そして、イラク戦争で事件が起こります。

味方の誤爆に襲われ、トミー以外が全滅してしまうのです。

マニーも亡くなります。

この事件にショックを受けたトミーは、軍から逃げてしまうのです。

こうして、トミーは何もかも無くしてしまいました。

帰るところも家族も無くしたトミー。

彼の戻れる場所は1つしかありませんでした。

父親と兄のいる実家です。

こうして、トミーは14年ぶりに実家へ帰るのです。

しかし、彼の心中は複雑でした。

酒乱で家族を壊した父親を許せない。

一緒についてきてくれなかった兄も許せない。

反面、逃げた自分を2人は受け入れてくれるのだろうか?

トミーはドキドキした事でしょう。

パディと再会します。

しかし、彼の口から出てくるのは弁解ばかりです。

1番聞きたい言葉が出てきません。

それはブレンダンも同じでした。

そして、スパルタの決勝戦。

トミー VS ブレンダン

左腕が脱臼をしても試合を止めないトミー。

彼はブレンダンにスリーパーで絞められます。

「愛してる。トミー、愛してる」

聞きたかった言葉がやっと・・・。

トミーはタップをするのです。

彼は試合後に号泣します。

ブレンダンの胸に顔をうずめて。

やっと家族に戻れたと実感したのでしょうね。

ブレンダンの入場曲はベートーベンの『歓喜の歌』でした。

わたしが、格闘技の試合の入場曲で1番びっくりしたのはハイアン・グレイシーです。

曲は小柳ゆきの「be alive」

バラード曲です。

ハイアンが荒くれ者のイメージだったので、そのギャップにびっくりしました。

しかし、これがまたかっこいい!!

お客さんを盛り上げる激しい曲も良いのですが、しっとりした曲でもシビれるんだなと感じました。

わたしが格闘家なら入場曲は何にしようかな?

「にんげんっていいな」かな。

ガガガDXバージョンで。

(Visited 16 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存