バケモノの子

「バケモノの子」を観ました。

またもやネタバレ全開です。

まだご覧になっていない方は、ビルとビルのすき間に入り、映画館へ走っていってください。

バケモノの子 – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは“素直”ですか?

素直な人は、みんなからかわいがられ、成長も早いです。

わたしは素直ですよ。

腕には、お金がたまるとウワサのブレスレットがたくさんついているし、首が動かないくらいネックレスも。

いつか金持ちに・・・。

今回は、素直なひねくれ者が主役の“バケモノの子”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

夜中に少年が1人、「15の夜」を歌いながら渋谷を歩いています。

「拙者は蓮。9つでござる。以後、お見知りおきを」

なぜ、子供が夜中に渋谷を歩いているのでしょう?

盗んだバイクで走り出したくなったのか?

誰にも縛られたくないと、逃げ込んだのか?

「実は、母上が亡くなったのでござる。父上は昔出ていったきりで、どこにいるかわからないでござる」

思った以上にハードな理由です。

「お、おう。がんばれよ」

と言うことしかできません。

彼は、路地裏で、買ったパンをかじっています。

すると、目の前に白くて小さな生き物がこちらを見ています。

「見るんでない。この世は弱肉強食じゃ。欲しければ力付くで手に入れてみせよ!!」

蓮は言い放ちます。

その生き物は、“必殺つぶらな瞳で上目使いトルネードアタック”を繰り出します。

「きゃわゆい~」

蓮は、気が付くとパンを謎の生き物に与えていました。

「なかなかやるな」「おまえもな」

拳を交わしあった男たちは、その後は仲間になるのが少年マンガの鉄則です。

蓮は、謎の生き物にチコと名前をつけて、街をさまよいます。

そんな蓮に声をかける者がいます。

「うるせえよ!!」

さわるものみな傷つけるギザギザハート状態の蓮。

その大男は、蓮のアゴを持ち、目をのぞき込みます。

「バ、バケモノ!?」

大男は、蓮を気に入ったようで、

「トゥギャザーしようぜ」

と、ルー大柴ばりに誘います。

「いやじゃ」

見も蓋もなくシャットアウトする蓮。

バケモノは去っていきます。その背中は寂しそうです。

そんなギザギザハートの蓮を放っておかない人がいます。

そう、街の治安を守るお巡りさんです。

蓮は、「拙者は無実じゃ~」と逃げ出します。

すると、さっき見かけた寂しい背中が。

彼は、ビルとビルのすき間に入っていきます。蓮も後を追います。

そして、抜け出した先は“渋天街”というバケモノたちの街でした。

その辺では、豚のバケモノになった両親が飯を食っていそうで、風呂屋では人間の少女が働いていそうです。

この渋天街は、宗師が街を治めています。

今回、現宗師が神様に転生するため、新たな宗師を決めているところです。

候補は2名。

強さと品格を兼ね備える猪王山と粗暴で品格のカケラもないが最強の熊徹です。

蓮が渋谷で出会ったバケモノは熊徹でした。

熊徹の弟子になることになった蓮。

はたして蓮はどうなるのか?

そして熊徹は宗師になれるのか?

3.感想

いきなりすみません。

わたしはあまり入り込めませんでした。

なぜならば、蓮と熊徹に全く感情移入ができなかったのです。

どちらかといえば、猪王山と二郎丸の方に感情移入しました。

なぜだろうと考えてみると、猪王山と熊徹を比べた時に、猪王山の方がわたしには魅力的なのです。

確かに彼は、一郎彦の育て方を間違えました。

きちんと人間とバケモノの違いを教えるべきだったのでしょう。

しかし、小さい頃にジャイアンのようだった二郎丸は、きちんと素直に育っています。

きちんとした親子に見えるのです。

この熊徹と蓮、猪王山と二郎丸を比べた時にどうしても後者に惹かれてしまうのです。

しかし、わたしには魅力的に見えなかった熊徹が、ある瞬間から

「お!!父親になった」

と思い、入り込めたのです。

それは、熊徹が蓮を救うために、宗師に

「半端者のオレができること」

をお願いするシーンです。

結局、多々良の予想通りに九十九神になるのですが、かっこいいじゃないですか。

見直したよ、熊徹。

そして蓮と一郎彦です。

蓮は、一郎彦とは違い、ダークサイドに落ちてダース・ベイダーになることはありませんでした。

どうも、バケモノの世界は、うらみ・つらみ・そねみのような人間の持つ負の感情はないようです。

みんな、竹を割ったような性格に見えます。

だから、胸の穴というのは、負の感情の事なのでしょう。

一郎彦は、赤ちゃんの時に猪王山に拾われ、周りのみんなとは違う自分勝に悩んできました。

だから、自分の鏡であり、自分と同じ人間の蓮をとても憎んだのでしょう。

しかし、蓮は9才から渋天街にやって来ました。

自分は人間だと受け入れています。

だから楓との絆もできた。

ダークサイドに落ちずに済みました。

そして、蓮が人間の世界に帰っていったのも必然だったのかもしれません。

チコは母親だったのでしょう。しかし、どんな経緯であんな生き物になったんだろう?

あと、宗師VS兎人参化のバトルが見たいな。

(Visited 65 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存