異性に告白ができないという人へ

1.はじめに

みなさんは告白をした事がありますか?

ある日の学校で。

または職場で。

好きな人を呼び出すのです。

「こんな時間に呼び出してごめん」

「え、なに?ネズミ講の勧誘?」

「違うよ。いい絵があるから買わないかなと思って」

「え、ホント!!すてき!!」

「すぐ絵を買ってくれる。そんな君が好きだよ」

「私も好きよ」

キャーッ!!

カップル成立!!

2人の未来に幸あれ!!

・・・

怖いですか?

2人の未来はダークサイドですか?

まあ、彼らはさておき。

告白ってドキドキしますよねぇ。

今回は、うれしはずかし告白について考えます。

2.なぜ告白ができないのだろう?

告白って勇気がいりますよね。

なかなか1歩目が出ませんよね。

ある日の夕方。

勇気を出して、好きな相手を呼び出しました。

「い、い、いきなりごめん」

「急に何ですか?」

「あの~、その~、あなたがす、す、す・・・スリーサイズは?」

「B129.3、W129.3、H129.3です」

「ドラえもんか!!」

・・・

告白って難しいですよね。

なぜでしょう?

わたしが思う原因をあげ、それぞれについて考えてみようかと思います。

3.断られたらどうしよう

これは、告白する以上、考えておかないといけませんね。

100%うまくいく方法があれば、わたしは恋愛の教祖として、札束の風呂に入っています。

でも、OKをもらえる確率は高めたいですよね。

そこで、こんな方法はどうでしょう?

信頼できる友達に、告白する事を相談するのです。

できれば告白する相手の友達が良いかも。

あ、あ、石を投げないで!!

わたしは本気です。

たとえば、あなたが道を歩いている時に、いきなり面識のない人が飛び出してきて、告白されたらどう思いますか?

「何だこいつ?こわっ!!」と思うでしょう。

だから、周りから固めていくのです。

あなたの好きな相手に、友達から「あの人、あなたに気があるらしいよ」と、先に伝えてもらっておくのです。

そうして、心構えをしてもらうのです。

好きだと聞かされて、嫌な気持ちになる人はいません。

あなたは、友達から好意を聞かされたら「うっさい!バーカバーカ!」って思いますか?

「え!マジっすか!!やべえ、意識しちゃいまんがな」って感じではないでしょうか。まんがな。

あなたの周りの人を思い出してみてください。

告白がいつもうまくいく人がいませんか?

奴ら・・・いや、彼らは、相手の様子を見たり、情報を得たりして、うまくいくと確信を持ってから告白するのです。

出たとこ勝負をしないのですよ。

もしくは、スーパーイケメンかウルトラ美女です。

クソが!!!!!

はっ!

すみません、心の声が・・・。

ともかく、断られる事を考えるよりも、うまくいく方法を探した方が良いです。

それでも断られたら、その時に考えましょう。

4.友達関係が壊れるのが嫌

あなたが好きな人は、たぶん今は友達でしょう。

断られたら、友達関係が壊れてしまうかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか?

友達をやめる時って、お互いが嫌いになった時ですよね。

好きと伝えられて、急に嫌いになるでしょうか。

態度がよそよそしくはなるでしょう。

それは、相手が意識をしているからです。

あなたは、告白を断られても、何事も無かったかのように振る舞えば良いのです。

友達関係を続ければ良いのです。

ここは、わざと空気を読まずに行きましょう。

空気を読む能力が偉いとされるこの時代。

時には空気を読まずに動かなければならない時もあります。

KYです。

『会社 やめようっと』です。

「こんな会社やめたらぁぁぁ!!」

バーン!!(上司の机に辞表を叩きつける音)

「ちょっと待ちたまえ。君!!」

「止めたって無駄ですよ・・・ふっ・・・」

「いや、君。どこの誰かね?」

「通りすがりの者です。1度やってみたかったもので・・・」

すみません。

おふざけが過ぎました。

告白を断られても、KYで友達を続けてください。

何事も無かったかのように。

5.周りの目が気になる

周りに知られたらどうしよう。

バカにされるかも?

もし、あなたが学生だとしたら、からかうクラスメイトがいるかもしれません。

「事件だ!事件だ!」と叫びながら、瓦版をばらまくクラスメイト。

「号外でーす!」と叫びながら、道行くサラリーマンに新聞を手渡す会社の同僚。

放送室に立てこもり「オレらは腐ったミカンじゃねえ」とマイクに叫ぶ加藤優。

いろいろな友達がいるでしょう。

しかし、気にする必要はありません。

奴らはうらやましいのです。

告白をして恋人ができるかもしれないあなたが。

そして、うまくいって恋人ができたあなたが。

くやしすぎて地団駄を踏み、そのリズムがサンバを奏でているのです。

ズンチャカチャカチャカ♬

周りの人やうわさは気にしなくていいです。

人の目を気にするよりも、あなたの気持ちを優先させてください。

6.傷つきたくない

告白して断られたら、傷つきますよね。

悲しいですよね。

高い所にヒモをくくり、端っこに輪っかを作って・・・「あーああー!!」とターザンごっこをしたくなりますよね。

しかし、落ち込む事はありません。

傷つく必要はないのです。

それはなぜか?

シンキングタ~イム!!(BGM・LOVE LOVE LOVE)

ラ~ヴラ~ヴ愛をさ~けぇぼ~♬

愛をよ~ぼ~♬

はい、タイムアップ!!

答えは・・・

「相手に好きだと知ってもらえた」からです。

あなたは異性に好きだと言われたら、どう思いますか?

うれしいですよね。

告白されて嫌な気持ちになる人はいないのです。

相手は、あなたが自分の事を好きだと知りました。

その気持ちは、くさびのように相手に打ち込まれました。

人の気持ちは不思議なもので、好きと言われたら、その相手を意識してしまうのです。

後日、相手もあなたを好きになるかも・・・。

だから、傷つく必要はありません。

断られる事と告白できない事は数字の0です。

後はプラスになるだけで、マイナスにはならないのですから。

7.最後に

好きな人に告白をするのは、勇気がいります。

恥ずかしさもあります。

しかし、恥ずかしい思いをするのは、悪い事ではないのです。

開き直ってください。

すると、あなたは大きく成長します。

ルフィのように。

さあ、右手の親指を口にくわえてください。

「ギアサード!!」と叫んで、息を吹き込むのです。

どうですか?

・・・親指が赤くなっただけでしょう。

コホン。

ルフィは関係なかったようです。

話を戻します。

恥をかく事は、あなたを成長させるのです。

この強さは、将来、役に立ちます。

土壇場で開き直れるようになるのです。

恋人と成長、両方を手に入れる。

すばらしいじゃないですか。

好きな人に告白をしても、何もマイナスはありません。

プラスが残るだけです。

あなたが恋人と成長を手に入れる事を、ブログ界の片隅から祈っています。

(Visited 107 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存