自分の顔が嫌いだという人へ

1.はじめに

みなさんは自分の顔が好きですか?

実際、美男美女と言われる人がいます。

小さい頃からキャーキャー言われ、モテモテ人生を歩んでいるのでしょう。

それに比べてわたしは・・・。

ケッ!!

この顔さえ良ければ。

自分の顔を好きになれないよ。

今回は、顔のコンプレックスについて考えてみたいと思います。

2.夢の世界

テレビをつけると、恋愛ドラマが流れています。

当然、主役は美男美女。

なぜか脇役も美男美女。

こんなん本当かよ!?

観てられっかい!!

こうなったらマンガだ。

しかし、マンガでは、さえない主役(でもきれいな顔)がなぜかクラス1番の異性にホレられている。

こんな世界があるのか・・・?

なんでみんなそんなにリア充なの?

顔が良いから?

わたしの顔も美しかったら・・・。

3.なぜわたしの顔は?

なぜわたしの顔は美しくないのでしょう。

美しく生まれていれば・・・。

あんなことして、こんなことして。

ぐへへへへへ。

は!!

あぶないあぶない。

そもそも美しい顔だったら、わたしは何がしたいのだろう。

みんなからキャーキャー言われたい?

学校や職場でラブレターを山ほどもらいたい?

たくさんの異性と付き合いたい?

ブイブイ言わせたい?

ハーレムを作りたい?

なんか欲望がほとばしるぜ。

4.美人への気持ち

多分、あいつらはあんなことやこんなことをしているはず。

わたしも顔さえ良かったら・・・。

あれ?

わたし・・・

美人に嫉妬しているのか?

顔が良くて、あんなことやこんなことをしている奴らに。

だから、わたしも顔さえ良ければと思い、自分の顔が嫌いになっていたのか?

自分の顔が嫌いなのは、嫉妬が原因?

なんてこったい!!

キビしい現実だぜ。

5.周りの人たちは

周りを見渡す限り、そんなとびぬけて美しい顔の人はいません。

っていうかブサイ・・・

は!!

いやいや、違いますよ。

わたし、何も言っていませんよ。

動物園でサイを見た事を急に思い出して「ぶー!!サイwww」と言っちゃっただけです。

ふう。

コホン。

さて。

周りの皆様は、美しい方ばかりではございません・・・ですます。

しかし、普通に生活をおくり、幸せそうに暮らしています。

そこで疑問が。

わたしは、顔が良くなって何がしたいのだろう?

モテモテになって、ブイブイ言わせたかっただけ?

たくさんの異性をはべらせたかっただけ?

やりたかったのは、そんな事?

でも、日本では結婚できる相手は1人だけ。

それならば、たった1人に愛されればそれで良いはずです。

6.美しい人は・・・

顔が美しいのは、もって生まれた才能です。

ロールプレイングでいえば、「エクスカリバー」を持って生まれたのです。

1振りすれば、大ダメージを与え、異性を虜にできます。

はたまた「諸刃の剣」や「レイピア」を持って生まれた人もいます。

エクスカリバーほどの威力はありませんが、扱い方でダメージを与えられます。

わたしなんかは「ひのきのぼう」です。

何度も攻撃をして、ダメージを積み重ねないといけません。

ひのきのぼうの乱れ撃ちです。

みんな、顔という名の武器を持って生まれ、それを使っています。

あなたの武器は何ですか?

スーパー・ストロング・アイアン・デリシャス・パスタソース・ロイヤルピザ・ソードでしょうか?

7.結局

自分の顔に納得がいかないという人もいるでしょう。

「こんなのでは戦えない、エクスカリバーが欲しい」と思う人もいるでしょう。

しかし、自分が持って生まれた顔を嫌いにならないでください。

自分が自分の顔を好きでないと、誰からも愛されず、のたれ死ぬだけになります。

人の幸せとは何でしょう?

それは、愛する人と共に人生を歩むことだと思います。

その1人に愛される顔であれば良いのです。

先ほど、顔を武器に例えました。

武器の強さとは、その物自身の強さと、それを扱う腕前を表します。

武器が顔であるのなら、その物自身の強さとは顔の良さです。

では、腕前とは何でしょう?

それは『愛嬌』です。

愛嬌があれば、あなたの顔の魅力はぐんぐん上がっていくのです。

さらに武器といえば必殺技です。

必殺技とは何でしょう?

『笑顔』です。

これは強力ですよ。

会心の一撃になります。

8.あなたの顔を

顔が良いのは生きていく上でアドバンテージになるでしょう。

モテモテ人生も楽しいでしょう。

しかし、幸せになる事とは、また別です。

幸せになる方法は、自分を大切にしてくれる1人を見付けることです。

まず、自分の顔を好きになってください。

そして、あなたを愛してくれる大切な1人を見つけてください。

その人だけに届けば良いのです。

その人を、あなたの愛嬌と笑顔で幸せにしてあげてください。

わたしもひのきのぼうを振り回します。

そして、ひのきのぼうをいつかヌンチャクに。

さらには三節根に。

最後には如意棒にして。

いつかモテモテ人生に・・・グヒヒヒ。

「てめえ、何も変わってないやないか!!」

あ、遠くからみんなのツッコミが聞こえる。

(Visited 476 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存