コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE23 せめて哀しみとともに

「コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE23 せめて哀しみとともに」を観ました。

コードギアス 反逆のルルーシュ 公式サイト

1.はじめに

みなさんはカリスマになりたいですか?

わたしが姿を現すと歓声が起こります。

右手を上げると「ギャー!!」

左手を上げると「ヒャー!!」

銃を撃つ真似をすると「カワイー!!」

そんなカリスマにわたしはなりたい・・・。

今回は、日本人のカリスマに成り上がる男の物語“コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE23 せめて哀しみとともに”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

惨劇の盆踊り大会。

ギアスの力によって、盆踊り大会をイージー・ドゥ・ダンス大会に変えようとするゼロ。

黒の騎士団が大混乱に乗じてイージー・ドゥ・ダンスで大攻勢をしかける。

盆踊りで抵抗をするブリタニア軍。

ユーフェミアを救出すべく、スザクは盆踊りの進化形ボンダンスで会場に突入する。

盆踊りとイージー・ドゥ・ダンスの未来をかけた戦いが始まった。

3.感想

ルルーシュ・ランペルージの暴走?が始まっちゃいました。

こうなってしまったら、なんかブリタニアに肩入れして観てしまいます。

ユーフェミアが亡くなってしまいました。

彼女の目指したものは、ルルーシュよりも遥かに崇高でした。

だから、どうしてもルルーシュの思想や行動が幼く陳腐に見えてしまうのです。

結局、マッチポンプですしね。

ルルーシュは、式典の虐殺事件を利用して、日本人のカリスマになりました。

そして、このチャンスを利用してトウキョウ租界に攻め込みます。

しかし、ルルーシュ。

こんな事をしていたら、心が壊れてしまいます。

背負う秘密が多すぎますよ。

心のバランスがとれないですよね。

そして、枢木スザクです。

彼の哀しみも計り知れません。

正義を重んじる彼が、これから憎しみで動くようです。

どうなっちゃうんだろう。

(Visited 22 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存