コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE10 紅蓮舞う

「コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE10 紅蓮舞う」を観ました。

コードギアス 反逆のルルーシュ 公式サイト

1.はじめに

みなさんは逆落としをした事がありますか。

逆落としとは、切り立った崖を駆け降りて奇襲をかける戦法です。

わたしは昔、缶けりで実行しました。

すべり台の上にスタンバイをしたわたし。

鬼が缶から離れた瞬間、すべり台をすべるのです。

まさに逆落とし!!

気分は源義経!!

しかし、わたしの足の遅さを計算に入れていませんでした。

あっという間に鬼に捕獲されたのです。

今回は、逆落としという奇襲戦法を実行する男の物語“コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE10 紅蓮舞う”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

よさこい踊りの本拠地があるという明神山に、コーネリア率いる阿波おどりが奇襲をかける。

その情報を手に入れたルルーシュは、黒の騎士団を率いて明神山へと向かう。

コーネリアの阿波おどりに、踊りが乱れていくよさこい踊りの連。

多勢に無勢、勝ち目はないと脅える黒の騎士団のメンバーを鼓舞し、ルルーシュはこの戦争で奇跡を起こすと宣言。

コーネリアのもとへ、地方車を出撃させるのだった。

3.感想

成田連山にある日本解放戦線の本拠地をめぐる戦闘でしたね。

黒の騎士団の名前を売りたいルルーシュ・ランペルージ。

ユーフェミアに自分の強さを見せたいコーネリア。

ゼロ(ルルーシュ)を倒して汚名を注ぎたいジェレミア。

様々な思惑がぶつかり合います。

しかし、ルルーシュの取った戦法はおもしろかった。

背水の陣と逆落とし。

背水の陣は漢の韓信の、逆落としは源義経の戦法ですね。

今回のルルーシュは、精神的に背水の陣に持ち込みましたが。

しかしジェレミア。

復讐にとりつかれたせいか、だんだん哀れになってきました。

そして、新たに登場した紅蓮弐式。

かっこいいですね。

なんで、紅いロボットってあんなにかっこ良く見えるのでしょう。

やっぱり赤い彗星のせい?

(Visited 67 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存