わたしが印象に残ったリオデジャネイロオリンピックの選手たち

はじめに

リオデジャネイロオリンピックが閉幕しました。

この夏を熱くしてくれた選手のみなさんお疲れさまでした。

このオリンピック、わたしにとっても印象的だったシーンで盛り沢山でした。

そこで、わたしが印象に残ったリオデジャネイロオリンピックの選手を独断と偏見で選びました。

「あの名場面がないじゃないか!!アホか!!くたばれ!!」と思う方もいるでしょう。

その怒りは情熱エネルギーに変えて、2020年東京オリンピックに思いを馳せてください。

1.高橋礼華・松友美佐紀

まず、何と言ってもバドミントン女子ダブルスでしょう。

決勝戦は手に汗にぎるものでした。

松友美佐紀&高橋礼華 VS クリスティンナ・ペダーセン&カミラ・リターユール(デンマーク)

タカマツペアは18-21で1セット目を取られます。

次の2セット目。

21-9で取り返します。

3セット目。

タカマツペアは16-19まで追い込まれます。

そして・・・

【NHKリオ】高橋・松友の大逆転 ノーカットで最後の5ポイントをお伝えします バドミントン女子ダブルス

怒濤の追い上げ。

絶体絶命からの大逆転です。

1番びっくりするのは精神力。

心が折れなかったのがすごい。

だから流れをつかめたのでしょうね。

こういう事があるから、試合ってわからないですよね。

日本バドミントンが手にした初めての金メダルだそうです。

2.オクサナ・チュソビチナ

誰って感じでしょうか。

ウズベキスタン代表の女子体操選手です。

現在41歳。

オリンピックの女子体操史上で最高齢の選手です。

なんと今回が7回目のオリンピック出場。

最初のオリンピックは1992年のバルセロナ大会だそうです。

24年もトップ選手で居続けるってどれだけすごい事か。

しかも体操というハードな競技で。

【リオ五輪】最大の目標は…五輪史上最高齢の女子体操選手

CHUSOVITINA Oksana (UZB) – 2016 Olympic Test Event, Rio (BRA) – Qualifications Floor Exercise

彼女を見ていると、安西先生の「あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?」という言葉を身に染みて感じます。

3.福原愛

みんなが知っている愛ちゃんです。

わたしが彼女を初めて観たのは、まだ5歳くらいだったと思います。

明石家さんまさんの番組で、卓球の試合で負け、母親に泣きついている姿です。

そんな愛ちゃんも27才。

泣き虫だった女の子も主力選手になりました。

このリオデジャネイロオリンピックでは、女子最年長としてチームを引っ張る立場になりました。

わたしが印象に残ったのは、伊藤美誠選手とのダブルスです。

伊藤美誠選手はまだ15歳。

試合中のその顔には、不安や焦り、苛立ちなどが浮かぶのです。

それをフォローする福原選手。

その姿は、修羅場をくぐり抜けてきたベテラン選手の懐の深さを感じさせるものでした。

【NHKリオ】2大会連続メダルまであと1つ! 危なげない勝利 福原・石川・伊藤 卓球女子団体

気付いたでしょうか?

福原選手の足です。

テーピングだらけです。

彼女が日本の期待に応えるため、どれだけ体をボロボロにして戦っていたのかわかります。

それが銅メダルに繋がり、あの涙のインタビューになるのですね。

【NHKリオ】「足を引っ張ってばかりで・・・」福原愛インタビュー

4.ヘレン・マロウリス

誰って感じでしょうか?

彼女は、ものすごい偉業を成し遂げました。

そう。

吉田沙保里選手を破ったのです。

女子レスリング53キロ級。

吉田選手は1ポイントも取られず、破格の強さで勝ち上がってきました。

そして、決勝戦。

その相手がアメリカ代表のヘレン・マロウリス選手でした。

マロウリス選手は吉田選手を徹底的に研究していたのでしょう。

ポイントを取った後は、タックルを警戒して、無様に見えようとも防御に徹しました。

【NHKリオ】こんな時がくるとは・・・ あえて言おう「吉田選手、あなたは良く戦った」 レスリングの女子53キロ級

試合後、吉田選手は号泣しました。

日本中の期待に応えられなかった事が悔しかったのです。

その陰にかくれるように、マロウリス選手の試合後のインタビューが流れてきました。

【NHKリオ】吉田選手を倒したマルーリス選手

マロウリス選手が、どれだけ吉田選手を尊敬し、この試合にかけてきたのか・・・。

涙ながらに語る彼女の気持ちが伝わってきます。

あえて言います。

吉田沙保里選手を倒したのがヘレン・マロウリス選手で良かった。

ずっと試合に勝ち続けるなんて、無理なのです。

特に最高のアスリートが集まるオリンピックでは。

吉田沙保里選手の強さと記録は素晴らしいものです。

尊敬します。

しかし、いつか負ける時が来る。

その相手は、自分に憧れを持って倒しに来てくれた人物であってほしいのではないでしょうか。

今回、重大な世代交代が起こりました。

それを目撃してしまった。

新たな世代の勢いに喜びを感じるとともに、一抹の寂しさを感じました。

さいごに

さて、わたしが印象に残った5人の選手を語りました。

なぜ、あのメダリストを語らないのか?

どうして感動の瞬間を語らないのか?

それは・・・

わたしがひねくれているからです!!

っていうか、この5人がわたしの印象に残ったんだもん!!

もん!!

さて・・・

わたしのひねくれ具合がおわかりいただけたところで・・・

観ましたか?

閉会式のトーキョーショー。

【NHKリオ】2020へ期待高まる!トーキョーショー

素晴らしかったじゃないですか!!

マリオにドラえもん、安部総理も登場し、ワクワクが止まりませんでした。

次は、リオデジャネイロパラリンピックが始まります。

まだまだ熱い夏は終わりません。

(Visited 273 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存