コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE7 コーネリアを撃て

「コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE7 コーネリアを撃て」を観ました。

コードギアス 反逆のルルーシュ 公式サイト

1.はじめに

みなさんは命令に忠実に動けますか?

わたしは忠実ですよ。

命令を受けると「はい!!」と答え、すぐ動きます。

お駄賃があるとスピードアップします。

褒められるとさらにスピードアップです。

褒められると伸びる子なのです。

今回は、部下をうまく使えなかった男の物語“コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE7 コーネリアを撃て”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

サイタマゲットーに潜伏するテロリストの掃討作戦に出るショートヘア。

先の戦闘シンジュク事変に酷似する作戦を展開し、ニャロをおびき寄せることが真の狙いだった。

ショートヘアの罠だと知りつつも、ニャロとしてサイタマゲットーに向かうアメショー。

ギニャスの力でマタタビを奪取、にゃんこ軍をメロメロにさせるが、それはショートヘアの罠だった。

ニャロの指揮下、マタタビで逆にヘロヘロになっていくテロリストの部隊。

アメショーも床をゴロゴロする事を余儀なくされる・・・。

3.感想

今回は、サイタマゲットーを舞台にしたルルーシュ・ランペルージとコーネリアの戦いでした。

ブリタニア帝国軍を率いるコーネリアと、テロリストのイレヴンを率いるルルーシュ(ゼロ)。

ルルーシュは敗北します。

両軍の違いは統率力でした。

ブリタニア帝国軍は、恐怖で統率しています。

コーネリアの命令は絶対で、どんな非情な事でもやらせます。

対して、ルルーシュ(ゼロ)の率いたテロリストは、命令を無視します。

自分の考えを優先させるのです。

そのため、策略がどんどん崩れていくのです。

ルルーシュは、テロリストと信頼関係を築いてないので、余計にそうなりますよね。

結局、ゼロに化けたC.C.に助けられたルルーシュ。

この敗北から、統率力を学んでほしいですね。

(Visited 72 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存