コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE2 覚醒の白き騎士

「コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE2 覚醒の白き騎士」を観ました。

コードギアス 反逆のルルーシュ 公式サイト

1.はじめに

みなさんは、戦略を立てられますか?

わたしは苦手です。

将棋にしろチェスにしろ、先の手を読めないのです。

だから、自分なりの戦略を立てても行き詰まり、「こんちくしょうぅぅっ!!」となって、当たって砕けろ戦法になってしまいます。

そして、砕けてしまいます。

見事に粉々に・・・。

今回は、自分の戦略が通用するのか試す男の物語“コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE2 覚醒の白き騎士”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

シンジュクゲットーに現れたテロリストの中に、謎のメス猫マンチカンの姿があった。

マンチカンたちをにゃんこ軍の包囲網から逃そうとするアメショー。

彼は、謎の動物から授かった能力を使って、にゃんこ軍のナイトメアを奪い、マンチカンたちに指示を与えていく。

そこに、見慣れぬ嚮導兵器ニャンスロットが現れる。

他の機体と違い、戦闘能力の高いニャンスロット。

搭乗しているのは、地下鉄において肉球でシバかれたはずのテリアだった。

3.感想

今回は、ルルーシュ・ランペルージが、ブリタニア帝国との戦いに自信と確信を得る物語でした。

ルルーシュは、レジスタンス達とチェスの戦略を使い、ブリタニア軍を倒していきます。

彼は、ブリタニアをぶっ壊すために、チェスの腕を必死で磨いたのかもしれませんね。

深い戦略を立てる訓練になりますしね。

順調に敵を倒すルルーシュに、思わぬ伏兵が現れます。

それは、試作嚮導兵器ランスロットを操る枢木スザク。

ランスロットは、世界で唯一の第7世代ナイトメアフレームだそうです。

よくわからないけど、何かすごそう・・・。

スザクinランスロットにより、レジスタンスの操るナイトメアは、次々と倒されていきます。

そして、ルルーシュの操るナイトメアも。

かなわないと判断したルルーシュは逃げます。

彼は、遠くからトランシーバーで戦略を指示していました。

戦略が見事にハマり、やれると自信をもっていました。

しかし、たった一機の強い兵士に全てをひっくり返されてしまったのです。

そして、出た言葉が「学ばないと。実戦の要は人間か」でした。

戦略をものともしない人間がいるとわかったのですね。

枢木スザクは、優しい男なのですね。

ルルーシュinナイトメアを追いかけている時に、落下している母子を救います。

そういえば、前回でもルルーシュと少女をかばって、腹を撃たれましたね。

彼は、自分の事よりも人の事を選んでしまうのですね。

しかし、スザクは兵士です。

この優しさが、いつか命取りにならなければいいなと思います。

スザクは、腹を撃たれた時に、懐中時計に救われました。

この懐中時計には、いろいろな思い出がありそうですね。

そして、ルルーシュがクロヴィス・ヴィ・ブリタニアの前に立ちます。

な、なんと、クロヴィスを兄さんと呼ぶではないっすか!!

え、え、兄さんってお笑いの先輩ではないですよね?

本当に兄弟?

続きが楽しみです。

(Visited 32 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存