スパイな奴ら

「スパイな奴ら」を観ました。

スパイな奴ら – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんはスパイと聞いたら何が思い浮かびますか?

OO7ことジェームズ・ボンド

ミッション・インポッシブルのイーサン・ハント

いろいろいますね。

スパイってかっこいいですよね。

わたしは、いろいろなスパイグッズが思い浮かびます。

銃になる傘

口にくわえるだけで水中に潜れるボンベ

そして、みんなの憧れボンドカー

欲しかったです。

昔、おもちゃで『壁の向こうが見える器械』というのがありました。

何てことはない、鏡を使った潜望鏡のようなおもちゃでした。

しかし、それを手にしたわたしは「無敵だー!!」と叫び、銭湯へ向かいました。

その後に起こった事は、みなさんの想像にお任せします。

・・・

大丈夫、わたしは元気です。

今回は、何か憎めないスパイ達の物語“スパイな奴ら”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

仁川港。

ひとりの男が船から降りてきます。

黒い服を着て、黒い帽子を被っています。

入国手続きをとり、カバンを手荷物検査にかけます。

男は金属探知のゲートをくぐります。

ピンポーン

男は苦笑を浮かべながら、困ったように両手を上げます。

ベルトを外し、もう一度ゲートへ。

ピンポーン

男は再度苦笑を浮かべ、困ったように両手を上げます。

ポケットからジッポライターを取り出し、再びゲートをくぐります。

ピンポーン

男はひきつった苦笑を浮かべ、困ったように両手を上げます。

まわりはザワザワとしだしています。

男は焦ります。

もうひっかかりそうな金属はありません。

ハッ!!

男は何かに気がついたようです。

ポケットを探り、何かを取り出しました。

『たまごっち』です。

男はたまごっちを置き、ゲートへ。

音は鳴りません。

自然にわき上がる拍手と歓声。

男はベルトとジッポ、たまごっちを持って、拍手の中、去っていくのでした。

3.感想

韓国に潜入している北朝鮮のスパイの物語です。

リ・ヨンソン外務副相が北朝鮮から韓国に亡命します。

リ副相を暗殺するため、北朝鮮からチェ部長(コードネーム)らが送られます。

そして、韓国に潜入中のキム課長ことリム・ジョンスらが暗殺に協力することになるのです。

まず、スパイ達です。

彼らはお金に窮しています。

祖国の財政難で、工作金も満足に送られてこないのです。

キム課長はお金が必要です。

韓国に住む妻と2人の子供を養うため、また、北朝鮮に住む母の病院代、妹の結婚資金を稼がなければなりません。

そのために貿易業をやっています。

貿易業と言っても、中国からバイアグラを輸入して売っているのですが。

しかし、最後にこのバイアグラがリ副相の命を奪うとは。

カン代理ことペク・ヨジンはシングルマザーです。

息子のジュンサンは目が見えません。

そのため、お金を稼ぐために不動産屋で働いています。

ウ代理ことアン・ビョンジクは、貧乏農家です。

牛をあつかっていますが、安いアメリカ牛が入ってくるため、牛肉が売れなくなりました。

そして、昔、カン代理と付き合っており、未だに気があるようです。

作戦中に殺されたユン顧問は、「お金に困っていない」と言いながら、家はボロい一軒家でした。

みんなお金に困っているのです。

そんな彼らにチェ部長は「党と祖国のために働け」と命令するのです。

しかし、チェ部長もお金がありません。

キム課長に少ない資金で事務所や銃を用意させています。

北朝鮮の状況を皮肉って描いているのですね。

リ副相の暗殺を進めるうちに、キム課長に韓国国家情報院 北朝鮮1課チーム長のハン・ジョンウクをから協力の申し入れがあります。

ハンとキム課長は、子供の野球チームで知った仲でした。

ここで協力を拒み逮捕されると、スパイが世間にばれ、家族がレッテルをはられてしまいます。

こうしてキム課長は二重スパイになるのです。

最後、キム課長は韓国を選び、チェ部長らを倒します。

彼は、チェ部長に「党と祖国は俺に何をしてくれた?」と叫びます。

そうなんですよね。

チェ部長ら北朝鮮側は、すべて「党と祖国のために」という名目で、見返りも与えず力でやらせようとしていました。

キム課長は韓国に住み、家族がいます。

何もしてくれない北朝鮮よりも、家族がこれから生活をして行く韓国を選ぶのは自然な流れでしょう。

今回の作品のMVPはチェ部長でしょう。

何といっても顔がいい!!

男前ではないのですが、面構えがいいのです。

最後の高速道路での暴れっぷりはすごいです。

鬼武者です。

戦国無双です。

キム課長ともつれるようにガードレールから落ち、下の道を走る車に2人とも跳ねられるのです。

こんなの初めて見た・・・。

それでも立ち上がるチェ部長。

ゾンビです。

このチェ部長を演じた俳優は、ユ・ヘジンという方です。

よく見ると、柳葉敏郎のものまねをする原口あきまさに似ているな。

そして、格闘シーンです。

キム課長の使う技術がエグい!!

主に首を狙うのですが、手を開いたまま喉をついたり、頸動脈を叩いたりします。

また、関節を前から蹴るシーンもありました。

コワッ!!

何という格闘技なのでしょうね?

結局、キム課長は北朝鮮と韓国の二重スパイをやる羽目になりました。

祖国のためとか言われても、自分の生活もままならなければ、義理で働くことなんかできません。

心に余裕がないと、人助けとかはできないですからね。

わたしも義理では動きませんよ。

金ですよ金。

げへへへへ。

・・・

はぁ、お金持ちになりたい。

心に余裕が欲しい。

(Visited 29 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存