スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス

「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」を観ました。

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは運転が得意ですか?

わたしは一応得意です。

なぜならゴールド免許ですから。

身分証を求められた時に、免許証を取り出すわたしの姿は、鼻の穴がふくらんでいる事でしょう。

たぶん・・・。

今回は、恐ろしい運転技術を持つ少年の物語“スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

スイーツ大好き軍団には混乱が渦巻いていた。

辺境のスイーツ好きとのイチオシスイーツで意見が割れたのだ。

都市部のスイーツ連合は、恐るべき生クリーム押しの包囲で事態解決を図り、地方の小さなスイーツ軍団へのプレッシャーを強化。

この非常事態にパティシエ達は果てしない討議を繰り返すばかり。

パティシエ最高議長は、紛争調停のために、平和と正義のパティシエ“さすらいの生チョコ職人”2人を、特使として秘密裏に派遣したのだった。

3.感想

ちょっとストーリーを整理します。

銀河共和国では、辺境の星との交易に課税するかどうかの是非で意見が割れ、混乱しています。

通商連合は、宇宙戦艦で惑星ナブーを包囲して航路を封鎖してしまいます。

ナブーを侵略する事で、課税されたとしても税金がかからないようにしようとしたのでしょう。

この非常事態に、共和国最高議長は紛争調停のために、ジェダイの騎士を特使として派遣したのです。

派遣されたジェダイは、クワイ=ガン・ジンとパダワン(弟子)のオビ=ワン・ケノービ。

通商連合と会談を持とうとするも攻撃を受ける2人。

通商連合はシディアス卿と通じており、元老院にも手を回していたのです。

ナブー星へ逃げた2人は、ジャー・ジャー・ビンクスと出会います。

そして、ジャー・ジャーの案内で、沼の底にあるグンガ・シティへ向かいます。

グンガ・シティでボンゴという乗り物をもらった2人は、ジャー・ジャーとナブー王国へ向かいます。

ナブー王国では、アミダラ女王が窮地に立たされていました。

通商連合に、実質侵略となる協定書にサインをするよう迫られていたのです。

アミダラ女王を救いだしたクワイ=ガンとオビ=ワンは、元老院に調停を求めるために、共和国へ向かいます。

その途中、スターシップが故障したため、タトゥイーン星に寄ります。

そこで、アナキン・スカイウォーカーと出会います。

彼は、ガラクタ屋で奴隷として働いていました。

アナキンに特別な力を感じたクワイ=ガンは、雇い主のワトーとポッドレースで賭けを行います。

アナキンの活躍で賭けに勝ったクワイ=ガンは、彼の身許を引き受け、故障した部品も調達し、スターシップも直ります。

アナキンを連れ、スターシップで飛び立とうとした時、ダース・モールに襲われます。

クワイ=ガンが応戦し、彼らはうまく逃げ切ります。

そして、共和国に到着するアミダラ女王たち。

アミダラ女王は、元老院で現在ナブー星が通商連合に侵略をされている事を訴えます。

しかし、元老院のバローラム最高議長は官僚に取り込まれており、骨抜きになっていました。

ナブー王国選出の元老議員であるパルパティーンの進言もあり、アミダラ女王はバローラム最高議長の不信任投票を提案します。

そして、バローラム議員が最高議長に推される事になります。

しかし、今もナブー星では攻撃が行われており、最高議長が決まるまで待つ事はできないアミダラ女王は、ナブー星に戻る決断をします。

アミダラ女王が元老院に出席している頃、クワイ=ガンはジェダイ評議会を召集してもらい、アナキンにジェダイの訓練を受けさせるよう進言します。

しかし、ヨーダ達からは良い返事がもらえません。

そして、アミダラ女王を守るよう言いつけられます。

アミダラ女王とクワイ=ガン、オビ=ワンたちはナブー星へ戻ります。

ナブー王国の戦況は良くありません。

ジェダイはアミダラ女王を守る事が任務であり、戦争に干渉はできません。

そこで、アミダラ女王はジャー・ジャー・ビンクスを通じ、グンガ人たちに協力を求めるのです。

ナブー人を良く思っていなかったグンガ人のビッグ・ボス・ナス閣下は、頭を下げるアミダラ女王たちを見て、手を組む事を決断します。

そして、ナブー人&グンガ人VS通商連合の戦争が始まるのです。

アミダラ女王の作戦は、グンガ人に正面から攻めてもらい、ドロイド軍と戦ってもらいます。

同時に、アミダラ女王の部下が、戦闘機でドロイド軍を操作している司令船の破壊を行い、ドロイド軍を停止させます。

その隙に、手薄になった通商連合の本拠地をアミダラ女王たちが侵入して、総督を捕らえるのです。

クワイ=ガンとオビ=ワンは、あくまで王女の身を守る役目です。

こうして作戦が実行されます。

しかし、そこにダース・モールが現れます。

クワイ=ガンとオビ=ワンは、ダース・モールとバトルを繰り広げます。

クワイ=ガンはダース・モールに体を貫かれ、命を落とします。

怒りのオビ=ワンは、ダース・モールを倒します。

その頃、アナキンはR2-D2と共に、司令船へ向かいます。

ポッドレースで鍛えた腕前で、見事司令船の破壊に成功します。

ドロイド軍が機能しなくなった通商連合の総督は降伏をします。

アミダラ女王たちは、総督に元老院に真実を明かす事、交易特権は結ばない事を言い渡します。

クワイ=ガンを亡くしたオビ=ワンは、遺言どおりアナキンをパダワンとして弟子にする決意をします。

ジェダイ評議会もしぶしぶ賛成します。

こうして、ナブー人とグンガ人は手を組み、共に新しく平和な王国を作ることになったのです。

まず、目を惹いたのはアミダラ女王です。

彼女のファッションは日本の着物を意識していますよね。

ユニークで違和感があるものの、世界観にハマっているのは、デザイナーの力でしょうね。

アミダラ女王は、通商連合と交渉による解決を模索していました。

戦争はしたくないのです。

しかし、元老院の決定を待っている間も、通商連合の攻撃でナブー星の人々が亡くなっています。

彼女は悩みます。

そして、民衆を救うために、ナブー星へ戻る決断をするのです。

これは、彼女がまだ少女といってもいいような年齢だからこそ出来た決断でしょう。

若いがゆえに、まっすぐに自分が正しい道を進めるのです。

そして、グンガ人に対する交渉も見事でした。

協力を求めるために、頭を下げられる強さ。

こういう女王だから、みんなついてくるのでしょうね。

次にオビ=ワン・ケノービです。

彼は、クワイ=ガン・ジンのパダワン(弟子)でした。

武芸は良いのですが、クワイ=ガン曰く『生けるフォース』の修業が足らないと言われます。

『生けるフォース』ってサイコキネシスみたいなものなのかな。

クワイ=ガンがワトーと賭けをした時に、サイコロをフォースで操ります。

オビ=ワンには、そういう場面がありませんでした。

しかし、ラストに『生けるフォース』の才能が開花します。

クワイ=ガンがダース・モールに殺され、自分も危機の時に、ライトサーベルをフォースで引き寄せるのです。

彼は、クワイ=ガンに代わり、真のジェダイの騎士となったのですね。

最後にアナキン・スカイウォーカーです。

彼は後にダース・ベイダーとなります。

そんなアナキンは子供らしさがありません。

頭がとても良いです。

C-3POを作るくらいですからね。

また、自分の才能を理解し、自信も持っています。

でないと通商連合の司令船に突入なんかしないですよ。

クワイ=ガンもアナキンを高く評価していました。

「あの子は特別な子だ。特別な力がある。物事の先を読む鋭い能力で反射行動に出る。ジェダイの資質だ」

さらにジェダイ並みの運動神経がある事もわかります。

そして、アナキンのフォースは、桁外れに強いものでした。

ミディ=クロリアン数値(フォースの意思を伝えてくれる共生生命体)が2万を越えており、どのジェダイよりも高いそうです。

彼には父親はいません。

母親は「自然に身ごもって産んだ子」だと言っています。

クワイ=ガンはアナキンの創造主はミディ=クロリアンだと考えます。

まさにジェダイの騎士になるために生まれてきたような子なのです。

アナキン自身も「ジェダイになって奴隷を解放する夢を見た」と言っています。

また、母親は「アナキンは欲を知らない」と言います。

タトゥイーン星は貧乏な星です。

アナキンは3才から奴隷生活でした。

だから、欲を持つような状況ではなかったのです。

彼は奴隷生活から解放されました。

これから欲も覚えていくでしょう。

強大な力を持つものが欲を覚えたらと考えると・・・怖いですね。

アナキンは空の星を見て「惑星を全部見た最初の人間になりたい」と言っています。

未来を暗示していますね。

しかし、オビ=ワンとヨーダは、アナキンに危機感を感じています。

ヨーダは「その子の未来がよく見えぬ」と言い、アナキンに対して「お前は恐れておる。恐れはダークサイドに通じる。恐れは憎しみに、憎しみは苦痛へ」と伝えます。

オビ=ワンも、クワイ=ガンに対して、彼をジェダイの騎士にする事に反対していました。

大きすぎる力の危うさを察知していたのでしょうね。

かくしてオビ=ワンはクワイ=ガンの遺言を守り、アナキンをパダワンとしました。

アナキンはどうやってダークサイドへ堕ちていくのか。

エピソード2が楽しみです。

(Visited 109 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存