バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」を観ました。

ネタバレします。

まだご覧になっていない方は、バットモービルでマシンガンをぶっぱなしながら、映画館に乗り付けてください。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生

1.はじめに

みなさんはクリプトン星人と戦うことになったらどうしますか?

わたしは、まず貯金をします。

そして、そのお金でシティハンターとゴルゴ13に依頼をします。

その後、自分は地の果てへ逃げ、ひっそりと暮らします。

たぶんすぐに発見され、瞬殺されるでしょうが・・・。

今回は、クリプトン星人と戦うことになった地球人の物語“バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

バットマンの前にスーパーマンが現れます。

空中から静かに降り立つスーパーマン。

「待っていたぞ」

バットマンは言い放ちます。

そして、静かに横の箱を指さします。

そこには箱が置いてあります。

「決着をつけよう」

バットマンは箱を明け、スーパーマンに中身の物を見せます。

スーパーマンは悟ります。

「なるほど」

2人は再び向かい合います。

お互いの間のテーブルには、箱から出したヘルメットとピコピコハンマーが置いてあります。

そして、勢いよく叫びます。

「叩いてかぶってジャンケンポン!!」

3.感想

やはりアメコミ映画は気分が上がります。

相変わらずのドカーン、バカーン、ズバババババという感じでした。

さて、今回はバットマンVSスーパーマンです。

なぜこの2人が戦うことになるのか・・・。

それは、それぞれの生い立ちに要因がありました。

まずはバットマンです。

ブルース・ウェインは、幼い頃に目の前で両親が射殺されています。

その事により、何の罪もない人々が悪人に傷つけられる事が許せないのです。

今回は『マン・オブ・スティール』から1年半後のストーリーです。

ブルースは『マン・オブ・スティール』のラストバトルで、自分の会社を壊され、社員を亡くしています。

さらに、スーパーマンとゾッド将軍の戦いにたくさんの人々が巻き込まれ、死傷しています。

その事で、スーパーマンに良い印象は持っていません。

次にスーパーマンです。

彼は強大な力を持っています。

そのため、自分も悩み苦しみました。

しかし、地球で育ててくれた両親の導きもあり、力を人々のために使おうと決意します。

そして、人々を救うための活動をします。

しかし、ゾッド将軍のような強大な敵が現れたら、その力により大きな被害が出てしまうのです。

地球の人々は、スーパーマンを神様と崇める人もいれば、その大きすぎる力に恐れを抱く人もいます。

そこにつけこんだのが、レックス・ルーサーです。

スーパーマンに審査会の爆発容疑をかけ、バットマンの怒りを煽ります。

さらにスーパーマンの母親マーサ・ケントを人質に取り、彼を強迫するのです。

レックスはなぜ2人を戦わそうとしたのでしょう?

サイコパスな性格もありますが、そこには、父親への復讐も見え隠れしていました。

彼にとって絶対の存在で、神様だった父親は、憎むべき相手だったのです。

父親亡き後に現れた神様だと崇められるスーパーマン。

父親に対する憎しみがスーパーマンに向いたのでしょう。

こうして、バットマンとスーパーマンは戦うことになります。

しかし、この戦いの決着は母親がつけました。

2人の母親の名前は共にマーサだったのです。

母親のマーサが殺され、バットマンとなったブルース・ウェイン。

母親のマーサに強大な力の苦しみから救ってもらったスーパーマンことクラーク・ケント。

ルーサーの父親への憎しみから始まった戦いは、母親への愛情で収まるのです。

やっぱり愛だよ・・・。

しかし、まだまだ事件は起こります。

ルーサーによって、ゾッド将軍がハルクのような怪物となって暴れだすのです。

そして、満を持して登場するのがワンダーウーマン!!

剣と盾とセクシーボディで、戦いを挑むのです。

スーパーマン&バットマン&ワンダーウーマンVS怪物。

とどめを刺したのはスーパーマンでした。

クリプトン星人の力を弱めるという石で作られた槍(バットマン作)で怪物を貫くのです。

しかし、彼も胸を刺されてしまいます。

そして、スーパーマンは亡くなってしまいました。

スーパーマンの葬儀は、国民の敬意を表して国葬となります。

しかし、その棺の中は空で、その遺体は彼の育った地に納められました。

ラスト、恋人のロイス・レインが棺に土を一握りかけます。

すると一瞬、土が浮くのです。

ということは・・・。

アメコミの偉大なキャラクターであるスーパーマン。

そんな簡単に死ぬはずはないよね。

そしてバットマンです。

彼は同じ志を持つ仲間を探すらしいです。

この映画の副題は『ジャスティスの誕生』

ということはアベンジャーズのようなジャスティス軍が出来るのかな?

DCコミックスにはフラッシュマンやグリーンアローなどがいますからね。

そうなるとおもしろいですね。

あと、レックス・ルーサーはジョーカーになるのかな?

なんかしゃべり方や雰囲気がジョーカーっぽかったですね。

次の『スーサイド・スクワッド』が楽しみです。

(Visited 116 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存