劇場版PSYCHO-PASS -サイコパス-

「劇場版PSYCHO-PASS -サイコパス-」を観ました。

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

1.はじめに

みなさんは情報屋を知っていますか?

不穏な動きを察知したら、警察に情報を教え、報酬をもらう人です。

簡単そうで結構危ないお仕事です。

わたしは絶対できないですね。

情報源はワイドショーしかありませんから。

今回は、情報屋のたれ込みからある国家の内紛に巻き込まれていく物語“劇場版PSYCHO-PASS -サイコパス-”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

「来たぞ」

仲間の男がつぶやきます。

狡噛慎也は身を隠しています。

視線の先には、戦車が列をなして進んでいきます。

男が望遠鏡を覗きながら「今だ」と合図を出します。

飛び出す狡噛。

戦車の前に立ちふさがります。

手には直訴状。

「お代官さま~!!お願えしますだ~。今年は不作で~」

戦車の後ろの駕籠から降りてくる代官。

「ならぬ!!年貢はいっさいまけられん。約束通りきのこの山を20個。たけのこの里を20個。きこりの切り株を10個。きちんと納められよ」

狡噛も引くわけにはいきません。

「そこをなんとか~」

代官は叫びます。

「この者を引っ捕らえよ!!」

狡噛の声がむなしく響きます。

「アポロチョコ15個で勘弁してくだせえ~」

3.感想

テレビアニメから劇場版に突入です。

狡噛慎也が失踪してから3年たっていると言うことは、鹿矛囲桐斗の事件から1年半後ですね。

今回のストーリーで、失踪した狡噛慎也のその後が明らかになります。

槙島聖護を追い詰めるために法を破り、シビュラシステムの社会から抜け出した狡噛慎也がどうなったのか?

興味深いですね。

ストーリーが始まっていきなり銃撃戦です。

そういえば、ドミネーターと銃器との戦いって初めて見ますね。

みんな物怖じしないのがすごい。

テレビアニメでは、鹿矛囲がシビュラシステムに対して、集団を裁けるようにしました。

そのためドミネーターの使用者も集団の一員として反映されるようになりました。

犯罪係数の数値が、使用者の色層に対して相対的に計算されるようになったのです。

そのせいでしょうか。

色層がクリアな常守朱がドミネーターを使うときには、相手の犯罪係数が低く観測され、相手を殺すことはなく執行モードで捕らえているのです。

宜野座伸元ら執行官は相手を排除するモードなのに。

この設定はおもしろいですね。

壬生壌宗局長が復活しているのがびっくり。

シビュラシステムのロボットみたいなものでしたから、再生できるのでしょうね。

そして、霜月美佳です。

彼女は相変わらずシビュラシステムを盲信しています。

だから壬生局長の言うとおりに動きます。

そのためどのような残酷な事でも実行するようになりました。

東金朔夜の後釜にされたのでしょうね。

これで色層が濁らずに済むのでしょうか。

自分が正しいと信じているので、濁らないのかも。

そして、狡噛慎也です。

彼は、SEAUnという国でゲリラの戦術顧問として戦っていました。

人を惹き付ける素質が開花した狡噛は、中心的存在になっています。

その姿は、常守に槙島と似ていると言われます。

狡噛は、何を心に持ち、突き動かされているのでしょうか。

それは、自分の考える理想的な社会を造るという信念ではないでしょうか。

シビュラシステムに管理される事もなく、潜在犯という差別される対象もなく、誰もが人として生きられる社会。

そのためには、自分が犯罪者になる事もいとわないという覚悟もあります。

今回、チュアン・ハンが辞意を表明した事で選挙を行う事になりました。

しかし、ラストでは子供が銃を扱っており、チュアンが選挙に大勝している放送が流れます。

ため息をつく狡噛。

彼の戦いはまだ終わらないようです。

最後に常守朱です。

「法は民衆の支持なくして成立しないわ。あなたたちはこの国を支配する上で、国民の承諾を得ていない」

彼女はチュアン・ハンことシビュラシステムに民主主義を説くのです。

そして、公平な選挙で元首を決めるよう促すのです。

それは国の運営にシビュラシステムの導入を認めるかどうかを決めることでもあります。

シビュラシステムに管理された日本の省庁は影武者だらけだそうです。

SEAUn国を日本と同じ形にしたくないのですね。

常守は狡噛と再会をして、彼の活動に触れました。

少なからず影響を受けたのかもしれません。

そして、シビュラシステムに人間の歴史と強さを見せつけ、納得させました。

それにより、彼女とシビュラのパワーバランスが微妙に変わったように感じます。

彼女は日本に戻り、公安局の仕事に戻るのでしょう。

もしかしたら、本当にシビュラシステムに管理された日本を変える人物になるのかもしれませんね。

(Visited 44 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存