PSYCHO-PASS 2-サイコパス- #02 忍び寄る虚実

「PSYCHO-PASS 2-サイコパス- #02 忍び寄る虚実」を観ました。

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

1.はじめに

みなさんは推理力がありますか?

わたしはありますよ。

「ん、ここに落ちている一粒のきのこの山・・・これは・・・」

これが壮大な事件の始まりでした。

わたしは小さな証拠を集め、時には走り、推理をして、崖の上で犯人を説得したのです。

「あの一粒が・・・どれだけの人々の心を痛めたか・・・」

しかし、犯人も最後の抵抗をします。

「にゃんにゃんにゃにゃー!ふぎゃー!!」

「おとなしく観念しろ!!故郷の母さんも泣いているぞ!!」

「にゃー・・・」

さぁ~眠りなさい~疲れきった~♪

茶番劇はこれくらいにして・・・

今回は、謎のメッセージを解こうとする人々の物語“PSYCHO-PASS 2-サイコパス- #02 忍び寄る虚実”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

事件現場からドローンにより遺体が運び出されています。

宜野座伸元が状況をまとめます。

「現場の遺体は二係の山門屋執行官。ドミネーターによる執行だが、撃ったのは同じ二係の酒々井監視官。執行後、山門屋のドミネーターを持ち去り消息を絶った」

常守朱が現場を確認しながら呟きます。

「監視官が消えた・・・」

宜野座が続けます。

「正直、訳がわからん。現時点で手がかりはこいつだけか」

現場にいる全員が壁に目を向けます。

壁には血で書かれたメッセージが。

【WC→】

矢印の先を見るとトイレが・・・。

「これは本当にダイイングメッセージなの?」

全員は真剣に考えるのでした。

3.感想

今回は、喜汰沢旭が起こした爆弾事件の裏側を探るストーリーでした。

現場に残された『WC?』のメッセージは何なのか?

そして、喜汰沢が死ぬ前に残した「ごめんよ。カガリ」という言葉。

カガリと言えば縢秀星。

でも、縢はシビュラシステムに取り込まれたと思うのですが。

常守朱はメッセージに何か気付いたようです。

常守と霜月美佳は、監視官時代の狡噛慎也と宜野座伸元みたいな感じなのですかね。

経験から判断をする常守と狡噛。

シビュラシステムによる判断を重視する霜月と宜野座。

狡噛と宜野座も、今の常守と霜月のようなぶつかり合いをしていた感じがします。

執行官になった宜野座は、とても丸くなった感じですが。

あと、狡噛の煙草の香りで狡噛を感じている常守がいじらしいですね。

今回の黒幕は、ホロを使って完璧な変装ができます。

もしかしたら、あのセラピストも変装かも?

あと六合塚弥生と霜月の関係も怪しい・・・。

恋人か?

次回も楽しみです。

(Visited 68 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存