映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~

「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~」を観ました。

映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~ – Yahoo!映画

1.はじめに

みなさんは引越しをした事がありますか?

引越しは大変ですね。

部屋の荷物は思っているよりも、結構多いんですよね。

わたしは部屋の片付けが面倒で、引越しはいつも断念してしまいます。

今回は、メキシコへ引越すことになる一家の物語“映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~”です。

2.感想

クレヨンしんちゃんの映画は、出来の良さにいつもびっくりさせられます。

この映画もすごかったです。

まず、野原しんのすけと風間トオルくんの友情に泣かされます。

メキシコへの栄転が決まった野原ひろしと一緒に、野原一家は引っ越します。

もちろん“かすかべ防衛隊”のみんなは見送りにやって来ます。

しかし、風間くんだけはやってきません。

しんちゃんは、いつもの調子で別れを告げます。

汽車に乗り、空港へ向かう野原一家。

そこに、風間くんがやって来るのです。

別れを告げるしんちゃん。

そこで初めて涙をみせるのです。

2人は特別な関係なのです。

そして、メキシコに渡った野原一家。

マダクエルヨバカという町に住むことになります。

そこで驚きの展開になります。

ホラー映画に転換するのです。

人喰いサボテンに襲われる町の人々。

あの酒場でのシーンは、まるで『ミスト』でした。

でも、こんなホラー展開でも笑いに変えるのが、クレヨンしんちゃんの世界。

あっぱれです。

しんちゃんは、゛かすかべ防衛隊゛と同じように、゛マダクエルヨバカ防衛隊゛を結成します。

この2つの防衛隊、きちんと対になっています。

ネネ・ロドリゲス=まさおくん・・・気は小さいがやる時はやる

マリアッチ=ボーちゃん・・・何を考えているかわからないけど、度胸がある

スマホ(フランシスカ)=ネネちゃん・・・しんちゃんが惚れない女の子。物でストレスを解消している。携帯はうさぎのぬいぐるみ。

彼女は、ずっと携帯ごしに世界を見ていました。携帯を捨てた時に、成長をしたのですね。

マダクエルヨバカ町長=風間くん・・・自分の中の正義を大切にしている。

この町長は一見悪役だが、過疎化していくマダクエルヨバカの町をサボテンで助けたかった。

という感じです。

そして、しんちゃんが惚れるカロリーナです。

彼女はナナコおねえさんです。

メキシコにもかすかべ防衛隊はいたのですね。

そして、クレヨンしんちゃんの映画といえば、野原ひろしです。

ドラえもんのジャイアンと同じで、映画になるとかっこよくなる男。

しかし、今回の映画では、みさえが彼のストッパーになっていました。

時には励まし、時には諌め、いい良妻賢母ぶりなのです。

野原一家は本当にうらやましい家族です。

ここまでつらつらと思った事を書きましたが、今回の映画でいいキャラだったのは、シロの部下になった3匹の犬です。

彼らは、春日部で言えば、埼玉紅さそり隊でしょうね。

憎めない奴らでした。

あと、ゆずの『OLA!!』は名曲です。

これを聴くと元気になります。

OLA!!

(Visited 351 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存