PSYCHO-PASS -サイコパス- #16 裁きの門

「PSYCHO-PASS -サイコパス- #16 裁きの門」を観ました。

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

1.はじめに

みなさんは、意外な真実を目にしたとき、どうなりますか?

わたしは「あわわわ」となり、膝から崩れ落ちます。

そして、四つん這いからのネコのポーズで、グラビア撮影会が始まるのではないかと・・・。

すみません。

疲れて暴走しているようです。

今回は、シビュラシステムの謎が深まる物語“PSYCHO-PASS -サイコパス- #16 裁きの門”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

厚生省ノナタワー内には、槙島聖護とチェ・グソンが侵入しています。

パソコンをつなぎ、電力を調べるグソン。

「このタワー内で特に電力消費が激しいのは2ヶ所ですね。最上階付近と地下」

「どっちが本命なんだ?」

槙島は画面を見ながら尋ねます。

「屋上近辺は電波塔ですからねぇ。大量の電力消費も当然ですよ。ところが地下の施設はここからでも詳細はつかめない」

「案内表示では地下4階までしかないようだが」

「それがね。設計当初の図面だと地下20階まであるんですよ。こいつはうさんくさい」

槙島はめをカッと見開きます。

「やはりか・・・」

そして、手下に指示を出します。

「パーティーピーポーは地下にいる!!やつらを引っ捕らえるんだ!!」

槙島は、パーティーピーポーで社会を壊そうと狙っているのでした。

3.感想

とうとうクライマックスを迎えました。

第1話の最初に流れた狡噛慎也と槙島聖護の初対面の場面が登場しましたね。

しかし、今回は?マークがいっぱいの物語でした。

まず、宜野座伸元の「努力するのは当然だろ!重要なのは結果だ!」の言葉に反応をした狡噛。

何か違和感があったのでしょうか?

そして、シビュラシステムとは何なのか?

ただのコンピュータではないのでしょうか?

チェ・グソンや縢秀星の反応は、ただのコンピュータではないようでした。

そして、突然現れた公安局長。

撃たれても大丈夫な感じは、まるでアンドロイドでした。

また、局長に撃たれたらしい縢。

大丈夫なのか?

最後に、槙島聖護は素直に逮捕されたのか?

?マークがいっぱいです。

次回が待ちきれない!!

(Visited 64 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存