PSYCHO-PASS -サイコパス- #06 狂王子の帰還

「PSYCHO-PASS -サイコパス- #06 狂王子の帰還」を観ました。

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

1.はじめに

みなさんは美術が得意ですか?

わたしは、絵には自信がありますよ。

ドラえもんが描けます。

絵描き唄はなしで。

構図は斜めからでもいけます。

これだけできれば得意と言っていいでしょ?

だめ?

今回は、美術への情熱が変な方向へ行ってしまった人々の物語“PSYCHO-PASS -サイコパス- #06 狂王子の帰還”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

狡噛慎也は目を覚まします。

嫌な夢を見ました。

汗もダラダラです。

起き上がった彼は、タバコに火を点けます。

一服して呟きます。

「ミニスカポリスか・・・」

そう、彼は夢でさとう珠緒に追いかけられたのです。

「プンプン」と言われながら・・・。

3.感想

今回は、人間で作品を作る犯罪者の話でした。

狡噛慎也の過去が明らかになりました。

狡噛が監視官だった時に手掛けた『標本事件』で、部下の執行官ササヤマが殺されたのですね。

それで犯罪係数が上がった狡噛は、執行官に降格されたのです。

標本事件は迷宮入りになりました。

しかし、有力な容疑者がいました。

高校教師だった藤間幸三郎。

彼が失踪すると、事件も止まったようです。

狡噛は未だにこの事件を追っているのです。

そして、標本事件に似た事件が起こりました。

藤間が勤めていた高校の生徒が標本にされたのです。

この事件は、王陵瑠華子という生徒が関係しているようです。

そして槙島聖護が裏にいるようです。

狡噛たちは、これまでの事件から、電脳犯罪のプロがバックアップをしていると推理します。

「ただ殺意をもて余していた人間に手段を与え、本当の殺人犯に仕立てあげる」

槙島聖護の事ですね。

着実に彼に近付いています。

あと、気になる事がありました。

宜野座伸元の父親は犯罪者らしいのです。

犯罪係数は遺伝するのか?

宜野座もなかなか厳しい立場にいるようです。

そして、“常守朱と狡噛は似ている”という友達の指摘です。

もし、狡噛に何か起こったら、常守はどうなってしまうのでしょう?

狡噛のように、復讐の鬼となるのでしょうか?

次回も楽しみです。

(Visited 64 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存