ARROW/アロー ファースト・シーズン 第21話

「ARROW/アロー ファースト・シーズン 第21話」を観ました。

ARROW/アロー – ワーナー海外ドラマ 公式サイト

1.はじめに

みなさんは、仲間を裏切った事がありますか?

わたしはありません。

っていうか仲間って何?

それおいしいの?

・・・すみません。

意地を張りました。

ちょっとイーストブルーへ行き、ゴム人間に会ってきます。

今回は、グレイズ地区を良くしようと奮闘する男たちの物語“ARROW/アロー ファースト・シーズン 第21話”です。

2.あらすじ(妄想スパイス入り)

「ケイマンの銀行に行くと伝えろ」

会計士のハロルド・バックマンは、お金をケースに詰め込みます。

チーン

エレベーターの着く音が鳴ります。

「なぜエレベーターが?」

ハロルドはボディーガードAとBの2人に言いつけます。

「見てこい」

ボディーガードA&Bがエレベーターの前に来ると、扉が開いています。

その瞬間、背後に降り立つフード男。

ピシッ!!

振り向いたボディーガードAのすねを弓でしばきます。

すねを押さえて動けなくなるA。

気付いたBは銃を乱射します。

弾を避けながら近付くフード男。

そして、弓ですねをピシッ!!

Bはのたうちまわります。

フード男はハロルドを追い詰めます。

「ハロルド・バックマン!お前は街を汚した!!」

ビビビビビビビシッ!!!

すねを乱れうちです。

ハロルドは泣きわめきます。

「弁慶の泣き所はやめて~!!」

3.感想

やっとウォルター・スティールの誘拐事件を解決させました。

すっかり忘れていました。

物語の中でも半年経っています。

ウォルターよくがんばった!!

そして、今回は島の話は無く、ロバート・クイーンとマルコム・マーリンの物語が挿入されていました。

どちらかというと、こちらの方が重要でしたね。

彼らは、グレイズ地区で大切なものを失い、この地区を正すと誓ったグループを作っていました。

マルコムは妻を殺され、ロバートは地方議員を殺してしまった償いのために入っています。

最初は、悪党と取引をする活動をしていました。

しかし、犯罪は増えるばかりです。

そこで、マルコムは「破壊しなければ再建はできない」と言い、グレイズ地区を浄化すると計画します。

マルコムの持つ『ユニダック産業』を使って事業を行うと言うのです。

モイラに説得されたロバートは反対をします。

グループの一員のチェンと、マルコムの計画を阻止するために動きます。

そして、ガンビット号の事件が起こるのです。

これは、チェンが仕掛けた爆弾で沈没しました。

彼は、マルコムに寝返ったのですね。

オリバー・クイーンは、マルコムとモイラの会話を聞いて、モイラが一味に加わっているのだと確信します。

そして、ディグルの元に謝りに行くのです。

良かった、ディグルが戻ってきてくれて。

また、オリバーは、ローレルにまだ気持ちがある事を告白しました。

これにトミーを加えて三角関係が完成だ。

あの日、あの時、あの場所で、君に出会わなかったら~♪

古い!!

(Visited 45 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存